事業を通じたSDGsへの取り組み

これまでの貢献とSDGs

当社は、SDGsが採択される以前から、社是である「科学技術で社会に貢献する」を胸に真摯に社会の課題と向き合い、事業を通じてその解決に直接的・間接的に取り組んできました。
SDGsによって目標、ターゲットが具体的に明示されたことを機に、当社がこれまで取り組んできた社会課題の解決との関係性を見えるようにしました。
これによって、当社の事業がいかに多くの社会課題と関係し、またその解決の一助となってきたのかを示すこととなり、これまでの事業の方向性が社会と一致していたということを再認識することができました。
次に私たちは、SDGsが描く2030年の将来に向け、具体的にどのような事業活動を通じて社会課題を解決するのか“見える化”を試みました。これまでの事業に加え、これから実施していく将来の戦略的CSR活動(事業を通じた社会課題の解決)と基盤的CSR活動(社会の一員としての責任ある活動)の両面から貢献度を見直しました。これにより、共有価値の創造に向け、それぞれの取り組みを加速させていきます。

SDGsに関連した活動の経緯

SDGsに関連した活動の経緯

企業活動とSDGsとの関係

企業活動とSDGsとの関係

SDGsに対する事業での貢献度分布

SDGsに対する事業での貢献度分布

※注
「社会への貢献度」:基盤的CSR活動による貢献
「事業活動での貢献度」:CSV(戦略的CSR活動)と基盤的CSR活動の両面による貢献
 

この分布図は、社員の自社に対する認識を整理するために作成したものです。「社会の一員としての責任ある活動(CSR)」については、外部からの評価と社員による認識にずれがある項目もみられましたが、これは、外部からの評価が高くとも社内では当たり前と認識されている場合があるためだと考えています。

作成方法は以下の通りです。
(1) 全部門が169のターゲットごとに「社会の一員としての責任ある活動(CSR)」と「事業を通じた社会課題の解決(CSV)」の二つの視点で、「現在取り組んでいるテーマ」と「将来取り組もうとしているテーマ」をリストアップ。
(2) リストアップされたテーマを、重要度から高中低の3段階に分け得点化し、CSRとCSVの二つの視点で、17の目標毎に得点を合算。
(3) CSVの得点を横軸、CSRとCSVを合算した得点を縦軸とし、17の目標毎に、現在取り組んでいるテーマの得点を、分布図上の丸印で表した。
(4) CSVの得点を横軸、CSRとCSVを合算した得点を縦軸とし、17の目標毎に、現在取り組んでいるテーマと将来取り組むテーマの得点を合算したものを、分布図上のSDGsロゴで表した。
(5) 17の目標毎に、(3)から(4)への変化を矢印で表した。

SDGsターゲットレベルでの取り組み実績

目標 ターゲット 島津のこれまでの取り組み(一例)
3.2
全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児及び5歳未満児の予防可能な死亡を根絶する。
3.3
2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。
3.4
2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。
3.5
薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する。
  • 薬物乱用の防止・治療の支援
3.6
2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。
  • 自動運転開発を支援(自動車の前方衝突回避システムに用いられるミリ波レーダー用成膜装置)
3.9
2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。
6.3
2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。
  • 水、大気、土壌中の環境汚染物質や環境ホルモンの測定、モニタリング
    マイクロプラスチックの分析手法
  • 排水管理(半導体製造などの洗浄工程における不純物金属のモニタ機器)
7.3
2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
  • 再生可能エネルギーの効率的な発電に資する開発を支援
  • 輸送機軽量化のための新素材開発を支援
  • エネルギー低減に向けた活動を支援(燃費改善・エミッション低減開発に使用するエンジンモニタ)
11.4
世界の文化遺産及び自然遺産の保護・保全の努力を強化する。
  • 文化財保存のための成分分析・内部観察
11.6
2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。
  • 環境保全・規制に向けた測定やモニタリング
  • RoHS規制物質を測定するシステムの提供
    RoHS/ELV指令
  • 環境に優しい新素材開発を支援
  • 新エネルギー開発を支援(リチウムイオン二次電池、燃料電池などの研究開発と品質管理、評価の支援)
  • 新素材開発を支援(CFRP(鉄鋼に代わる新素材)の評価装置)
12.4
2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質やすべての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
8.7
強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終らせるための緊急かつ効果的な措置の実施、最悪な形態の児童労働の禁止及び撲滅を確保する。2025年までに児童兵士の募集と使用を含むあらゆる形態の児童労働を撲滅する。

ESG(環境・社会・ガバナンス)の視点で
SDGsを事業機会と捉え共有価値を創造

私たちは、事業との関係性だけでなく、これからの経営における重要な事業機会としてSDGsを捉えるためにバリューチェーン全体で、SDGsが経営に及ぼす影響を検討しました。これによって、今後優先的に取り組むべき課題を明らかにできると考えるからです。
SDGsが示す地球規模の課題は、私たちの事業領域である「人の健康」「安心・安全な社会」「産業の発展」の課題であるともいえ、革新的で有効な解決策を提供することは、事業拡大につながると考えます。
一方で、バリューチェーン上では少なからず負の影響を与えることもあります。これらの課題に対しても、持続可能な社会への配慮に取り組むことで、品質の向上や操業効率の向上、ブランド力の強化といった負から正への方向へと転換させることができると考えています。

 

「島津製作所の森」の間伐材を使用したSDGsバッジの製作

 

京都モデルフォレスト運動に参画して2008年から森林保全活動を行っている「島津製作所の森」(京都府南丹市八木町)で発生した間伐材を使用して、独自のSDGsバッジを製作しました。 社内外でSDGsの啓発を進めることを目的としたもので、当社内で実施した講演会やE-learningにより、SDGsと当社との関係性を理解した従業員及び代理店の方が着用しています。この取り組みを通して、これまでに島津グループ全体で1500人以上の従業員及び代理店の方にSDGsバッジを配布しています。

バッジの製作にあたっては、京都市内の木工所で加工しており、ゴール15「陸の豊かさも守ろう」のもと、地域固有の生態系の保全および林業の振興に寄与しています。また、ゴール8「働きがいも経済成長も」に沿い、障がい者の方も製作作業に加わっています。

関連情報