資材調達

調達方針

私たちは、「共生とEQCD(環境・品質・価格・納期)」を取引の基本とします。

1. 公正な取引

私たちは、法令を遵守し、公正かつ透明な取引を行います。

2. 取引先とのパートナーシップの構築

私たちは、適正な品質・価格・納期で供給できる取引先を選定し、パートナーシップを構築します。

3. CSR調達の推進

私たちは、社会的責任(人権の尊重、環境負荷低減など)を尊重する取引先から調達を行います。

CSR調達の推進

島津グループはCSR調達を推進しています。
さらにサプライチェーン全体で社会的責任を果たすため、お取引先様には下記を遵守いただきますようお願いいたします。

お取引先様へのお願い

  1. 国際的な視野に立って、法令や社会規範を尊重しこれを遵守すること。
  2. 人権を尊重し、多様性(ダイバーシティ)を認め合うこと。
  3. 安心して働ける職場環境を実現し、社員の健康の維持・管理に努めること。
  4. 地球環境を保全し、持続可能な社会の実現に努めること。
  5. 公正・透明な商取引を行うこと。また職権を乱用したり、反社会勢力と関係を持ったりしないこと。
  6. 正しい情報の、誠実、公正、タイムリーな開示・伝達に努めること。また自社や他社の業務に関連する秘密情報は安全に保管し、目的以外に使用したり漏らしたりしないこと。
  7. 安心・安全で信頼される製品、サービスを提供すること。
  8. 事業活動を通じて社会の発展に貢献すること。

人権に対する基本的な考え方

調達活動を展開するにあたって、人権侵害につながる取引は行いません。
現時点では、児童労働や強制労働等の問題が確認された事例はございませんが、もし確認された場合は速やかに是正を求めます。

紛争鉱物への取り組み

米国では非人道的な行為を行う武装勢力の資金源となることを防ぐため、2010年7月に制定した金融規制改革法(ドッド・フランク法)1502条により、米国に上場している企業は、製品にコンゴ民主共和国(DRC) 及びその隣接9ヵ国産のコロンバイト-タンタライト(コルタン)、錫石、鉄マンガン重石及びこれらの派生物であるタンタル、錫、タングステン、並びに金(これらの鉱物と派生物を産地によらず紛争鉱物と定めている)を使用しているかを、米証券取引委員会(SEC)へ報告することが義務づけられました。この報告の具体的な手続き等を定める規則はSECが策定することと定められ、2012年8月22日にSECにて正式に採択されました。
島津グループは、SECの紛争鉱物開示規制の対象企業ではありませんがこの規則の趣旨に賛同し、紛争鉱物に関する社内体制を整備し、社会的責任の観点から非人道的行為にかかわる紛争鉱物を原材料として使用しない「島津グループ紛争鉱物対応方針」を定めました。

このマニュアルは、自動車業界で作成、利用中の調査資料です。

詳しくはこちら

Modern Slavery Act 2015 (現代版奴隷防止法) への対応

英国においても事業を展開する企業として、Modern Slavery Act 2015への取組みを、島津グループのみならずサプライチェーン全体で推進します。

グリーン調達

経営理念である「"人と地球の健康への願い"を実現する」を具現化するため、環境負荷の少ない資材を優先的に購入する「グリーン調達」に積極的に取り組んでいます。

詳しくはこちら

届出/申請

Web-PPS/変更届出書

Web-PPS

当社の要求する共用購入品の仕様を、共用購入品の取引先の皆さまが確認できるシステムです(取引先企業限定システム)。

変更届出書

取引先の皆さまから、当社に提出して頂いている調達部品の変更届出書を掲載しています。

sSTEP加入ユーザー様向けの利用申請書です。