非財務ハイライト

島津グループ(国内外)のエネルギー起因CO2排出量

島津グループ(国内外)のエネルギー起因CO2排出量

2019年度の島津グループのCO2排出量は、前年度比14%減少し、38,727t-CO2で、原単位でも10.0t-CO2/億円と13%改善しました。引き続き、脱炭素社会への対応に向けた、省エネルギーの推進やCO2排出量の少ない電力への切替え、再生可能エネルギーの導入などを図ります。

水使用量/原単位

水使用量/原単位

2019年度の島津グループの水使用量は、前年度比ほぼ横ばいの203千m2でした。引き続き、緑地の散水への雨水利用や、節水型の器具の採用など、水使用量の低減に努めていきます。

 

エコプロダクツPlus開発機種数/CO2排出抑制貢献量

エコプロダクツPlus開発機種数/CO2排出抑制貢献量

私たちは独自の環境負荷低減設計指針を策定し、製品開発を行っています。なかでも「省エネ」、「小型化」、「消耗品使用量削減」のいずれかにおいて、特に優れた環境性能を達成している製品を「エコプロダクツPlus」と認定しており、その数はこれまでに125機種にのぼります。2019年度はお客様の使用段階で発生するCO2排出量を44,688t抑制しました。

社外での環境教育講座受講者数 (累計)

社外での環境教育講座受講者数 (累計)

子供たちに環境保全への意識を高めてもらうことを目的に、小中学校での環境教育授業を実施しています。授業は独自に企画制作した環境学習支援ツールを用いて行っており、特色ある環境社会貢献活動として高く評価されています。


特許出願数/特許保有件数

特許出願数/特許保有件数

研究開発成果としての知的財産獲得による新たな価値の創出を基本方針に特許出願を行っています。特許保有件数は7,062件となり毎年増加しており、海外の特許取得も強化しています。

従業員数/海外従業員比率
(本社・国内グループ会社/海外グループ会社)

従業員数/海外従業員比率 (本社・国内グループ会社/海外グループ会社)

事業の拡大に伴い、従業員数も増加しています。特に、近年は海外市場での売上高の拡大に合わせて、海外子会社の人員数を増強しています。


従業員数(男女)/女性管理職比率

従業員数(男女)/女性管理職比率

女性社員の活躍を推進すべく、女性正社員の採用を積極的に進めるとともに、女性社員が能力を十分に発揮できる職場環境を整備することに努めています。本社では女性管理職比率を2020年度に5%にする計画を引き続き進めます。

女性管理職比率 (本社の目標は2020年までに5%)
(本社/国内グループ会社/海外グループ会社)

女性管理職比率(本社の目標は2020年までに5%) (本社/国内グループ会社/海外グループ会社)

科学技術の源泉は多種多様な知識や価値観の組み合わせと考え、ダイバーシティ経営に取り組んでいます。