環境経営

基本的な考え方

私たちは、環境問題の解決を通じた事業活動と企業価値の拡大を目指し、以下5つの項目を掲げて取り組みを進めています。

島津グループの環境経営 5つの取り組み

1. 気候変動対応への取り組み

太陽光発電などの再生可能エネルギーの積極的な導入や、スマートメーターを設置した消費電力の見える化による省エネ施策を強化するとともに、サプライチェーン全体での環境負荷低減に努めます。

2. 循環型社会の形成に向けた取り組み

3R(リデュース、リユース、リサイクル)を着実に推進し、国内生産拠点・研究所などにおける廃棄物のリサイクル率99%を維持します。また、サプライヤーとの連携によるI oT技術を活用した効率的な廃プラスチック回収や、排水などの環境監視体制を強化します。

3. 地球環境の保全に配慮した製品・サービスの開発・提供

環境・新エネルギー分野において、カーボンニュートラルに向けた開発課題を解決する製品や技術を提供します。すべての製品について常に省エネや小型化などを図り、製品ライフサイクルを通じた環境負荷の低減を推進します。

4. 生物多様性の保全に向けた活動

生物多様性保全のための森づくり活動や学校での環境教育授業の実施など、地域や教育機関・団体と連携し、幅広い活動を展開します。

5. 社員ひとり一人による積極的な環境保全活動

社員全員が「環境貢献企業 島津」の一員として、さまざまな環境活動に積極的に取り組みます。

島津グループのCO2排出量削減目標
事業活動からのCO2排出量 2050年実質ゼロへ

島津製作所は、2018年に定めたグループの事業活動におけるCO2排出量の削減目標を改定し、2050年には実質ゼロとする新目標を設定しました。中間目標は、2017年度比で2030年度に85%、2040年度に90%以上削減する目標としました。

  • 2050年に、当社グループの事業活動で排出するCO2排出量を実質ゼロとする。
  • 中間目標として、当社グループの事業活動で排出するCO2排出量を、2017年度比で2030年度85%以上、2040年度90%以上削減する。
  • 当社グループが販売した製品の使用時におけるCO2排出量を、2020年度比で2030年度30%以上削減する。

当社グループでは、これまでと同様に、徹底した省エネに加え、太陽光発電設備の設置と再エネ電力を活用することで削減を図ります。当社製品の省エネ化についても、従来からの取り組みに加え、新たに得られた知見やノウハウを全社的に活かすなど、意欲的な省エネ目標を設定して、お客様先でのCO2排出量の削減に寄与してまいります。

エネルギー使用量
エネルギー起因CO2排出量

気候変動対応への取り組み
ーTCFD提言への賛同、SBT認定の取得、RE100を宣言-

当社グループは、環境問題を最重要経営課題の一つとして位置付けています。中でも、気候変動問題に対して、バリューチェーンを含めた事業活動におけるCO2排出量の抑制や、環境/エネルギー分野におけるイノベーション創出に貢献する製品およびソリューションの提供に取り組んでいます。2019年5月、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」による提言への賛同し、事業活動におけるCO2排出量削減目標が科学的根拠に基づくものであることを示す「SBT(Science Based Targets)認定」の取得、そして事業活動で使用する電力を2050年までに再生可能エネルギー由来100%とすることを宣言する「RE100」への加盟など、グローバル社会に向けたコミットメントや情報開示に努めると共に、コミットメントの達成や環境課題の解決に向けて活動します。

※上記の島津グループの2030年度CO2排出量の削減目標はSBTの「1.5℃水準」として2022年10月に認定されました。

気候変動対応への取り組み

国際環境イニシアティブ「RE100」に加盟

TCFD
TCFD
TCG-RE100

「エコ・ファースト企業」に認定

2020年10月、当社はエコ・ファースト企業に認定されました。
「エコ・ファースト制度」とは、地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、企業の環境保全への取り組みを環境大臣に約束し、環境分野において先進性、独自性、波及効果」のある事業を行っている環境トップランナー企業を環境大臣が認定するものです。現在、様々な業界の66社がエコ・ファースト企業に認定されています(2023年6月現在)。
「エコ・ファースト推進協議会」が設立され、2022年4月より当社会長の上田が議長に就任しています。協議会の活動を活性化し進化させていくことにより、エコ・ファースト制度の意義や価値を広く社会に伝えるとともに、先進性・独自性のある取り組みの追求や各社の連携・協働を強化することで社会の環境問題の解決に貢献していきます。

島津製作所の「エコ・ファーストの約束」

「エコ・ファースト企業」に認定

2022年度の主な成果

事業プロセス全体におけるCO2排出のさらなる低減

2022年度の国内外島津グループのCO2排出量は、スマートメーターの設置や省エネルギー診断など省エネ施策の実施や、使用電力を再生可能エネルギーへ切り替えたことにより、基準年比(2017年度)比79.8%減少の9,980t-CO2となりました。CO2売上高原単位は2.1t-CO2/億円となり、前年度より51.8%改善しました。
当社では、特に優れた環境性能を実現している製品を「エコプロダクツPlus」と認定するとともに、新製品開発の審査基準に、「従来機種よりも環境負荷を低減していること」を審査要件に加え、全ての製品について製品のライフサイクル全体を通じた環境負荷低減に取り組んでいます。重点施策として進めている、環境に配慮した製品によるCO2排出抑制貢献量の拡大では、2022年度の実績が8,884t- CO2となり、過去10年間に販売したエコプロダクツPlus製品のCO2削減貢献量累計(市場累計量)は、島津グループの事業活動に伴うCO2排出量を大きく上回りました。

エコプロダクツPlus開発製品数(累計)

 

最新のエコプロダクツPlus

環境配慮認定製品 エコプロダクツPlus~地球環境の負荷低減をめざして~

製品の環境対策とグリーン調達

関連情報