島津製作所の「エコ・ファーストの約束」

認定式(2020年10月21日) 左より 小泉進次郎環境大臣、上田社長

認定式(2020年10月21日)
左より 小泉進次郎環境大臣、上田社長

島津製作所は、10月21日、環境大臣から『エコ・ファースト企業』に認定されました。精密機器分野では初めてとなります。
これは、『先進性、独自性、波及効果』のある環境保全の取り組みを環境大臣に約束し、業界をリードする活動を行っている企業を『エコ・ファースト制度』に基づき、認定するものです。

当社は、環境課題を解決するために『脱炭素社会』と『循環型社会』の実現を目指し、様々な取り組みを進めています。全事業所でCO2排出量の削減や廃棄物のリサイクル率向上など、環境負荷の低減策を強化しています。また、優れた環境性能の製品を提供していくために、当社製品の消費電力を従来品よりも25%以上削減するなど基準を達成した製品を認定する「エコプロダクツPlus」の取り組みを推進し、すべての新製品について、環境負荷低減を目指した開発を行っています。
地球環境保全を支援する分析計測機器を長年にわたって開発、提供し、近年は環境・新エネルギー分野の新たな技術開発の支援にも注力しています。

当社は、社是『科学技術で社会に貢献する』のもと、経営理念である『“人と地球の健康”への願いを実現する』企業として、生物多様性の保全に向けた取り組みも展開し、地球・社会・人との調和を図りながら、持続可能な社会の実現に引き続き貢献してまいります。

エコ・ファーストの約束(抜粋)

  1. 気候変動対応への取り組み
  2. 循環型社会の形成に向けた取り組み
  3. 地球環境の保全に配慮した製品・サービスの開発・提供
  4. 生物多様性の保全に向けた活動
  5. 社員ひとり一人による積極的な環境保全活動

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

エコ・ファーストの約束

【当社の環境保全の取り組み】

エコ・ファースト制度とは

企業が環境大臣に対し、気候変動への対応や循環型社会の構築などに向けた自らの具体的な環境取り組み内容を約束として示し、環境大臣が、その企業が環境の分野において「先進的、独自的でかつ業界をリードする事業活動」を行っていることを認定する制度で、各業界における環境取り組みを促進させることを目的としています。
2020年10月時点で、様々な業界の50社が認定されています。

参考:環境省「エコ・ファースト制度について

エコ・ファースト制度

環境保全