島津グループサステナビリティ憲章

島津グループサステナビリティ憲章全文

地球・社会・人との調和を図りながら、
“事業を通じた社会課題の解決”と
“社会の一員としての責任ある活動”の両輪で企業活動を行い、
明るい未来を創造します。

  1. 私たちは、社是『科学技術で社会に貢献する』と経営理念『“人と地球の健康”への願いを実現する』に基づき、永年にわたり科学技術・ノウハウを培ってきました。そして、「人の健康」「安心・安全な社会」「産業の発展」の領域において、計測機器・医用機器・航空機器・産業機器の4つの事業をグローバルに展開しています。
  2. 具体的には、「人の健康」の領域では、計測機器を用いた医薬品や食品の研究開発支援、ライフサイエンス研究の支援、X線や光技術を用いた医療用診断・治療支援システムなど様々なソリューションを提供しています。また、「産業の発展」に貢献し「安心・安全な社会」を実現するために、当社が保有する精密機械技術を活用して、研究開発や製造現場で使用される各種装置やキーコンポーネントおよび航空機で必要とされる精密な搭載システムなどを提供しています。
  3. 私たちは、グローバル社会の一員として国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」に賛同し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成などサステナビリティを巡る課題の解決に取り組んできました。
    さらに、グローバルに持続可能な社会を実現するために、健康長寿社会の実現、気候変動対策や循環経済の構築などの対応を加速することで、企業価値の向上に努めます。
  4. 私たちは、今後も、進歩し続ける科学技術に真摯に向き合い、研鑽を重ねることで、科学技術の社会実装により社会課題の解決を目指します。 そして、顧客・株主・取引先・従業員・地域社会などのステークホルダーからの信頼獲得に向けて、企業活動についての情報を、適時・適切かつ公平に開示するとともに、ステークホルダーとの対話を通じて、相互理解による、関係維持・構築を実践します。

”人と地球の健康”への貢献に関して

  • 科学技術の進歩への取り組み
  • 人の健康への貢献、感染症対策、健康経営
  • 健康長寿社会の実現
  • カーボンニュートラルへの取り組み
  • サーキュラーエコノミー対応
  • 生物多様性の保全への貢献

産業と社会への貢献に関して

  • 産業の発展への貢献
  • 安心・安全な社会の実現への貢献
  • 知財戦略の強化
  • 社会の一員としての責任

企業統治に関して

  • コーポレートガバナンスの強化
  • グループガバナンスの構築
  • コンプライアンス強化とリスクマネジメント体制の構築
  • 自然災害等への危機管理