サプライチェーンマネジメント

基本姿勢

私たちはグローバルに展開するメーカーとして、多くのお取引先からの調達を行っています。調達は事業活動の基盤を支えるものであると位置付けており、「共生とEQCD(環境・品質・価格・納期)」を取引の基本とし、公正な取引、取引先とのパートナーシップの構築、CSR調達の推進を調達方針としています。社会的責任を尊重するお取引先からの調達を行うことを定め、自社のサプライチェーンのすべてにおいて人権の尊重、環境負荷低減に努めています。

原則

1. 公正な取引

1. 公正な取引

私たちは、法令を尊守し、公正かつ透明な取引を行います。

2. 情報の公明かつ公正な入手​

2. 取引先とのパートナーシップの構築

私たちは、適正な品質・価格・納期で供給できる取引先を選定し、パートナーシップを構築します。

3. CSR調達の推進

3. CSR調達の推進

私たちは、社会的責任(人権の尊重、環境負荷低減など)を尊重する取引先から調達を行います。

紛争鉱物への取り組み

Modern Slavery Act 2015 (現代版奴隷防止法) への対応

グリーン調達

関連情報