あしたのヒントあしたのヒントあしたのヒント

あしたのヒントとは

近年、仕事の質が急速に変化し、グローバル化の波が押し寄せるなか、働き方や人材、価値観が多様化するチームをまとめ、多忙を極めるマネージャー。会社のため部下のため、さらには自身のために、何をすれば良いのでしょうか。
様々な分野でご活躍されている講師から、経営と組織運営に役立つ発想術を学びます。

シリーズ あしたのヒント

  • スポーツメンタルトレーニングから学ぶ 「ポジティブ思考」チームのつくり方
    スポーツメンタルトレーニングから学ぶ
    「ポジティブ思考」チームのつくり方

    笑顔で結果を出し続けるアスリートやチームは、どのようにメンタルをコントロールし、ベストなパフォーマンスを発揮しているのか。その方法や習慣はビジネスの世界にも応用できるのではないだろうか。メンタルトレーニングの第一人者・東海大学の高妻容一教授にその秘訣を聞いてみた。

  • 多様な人材の「どちらかというと得意なこと」を活かし、チーム全体で生産性を上げるマネージメント術
    多様な人材の「どちらかというと得意なこと」を活かし、チーム全体で生産性を上げるマネージメント術

    様々な価値観や個々の事情を抱えながら働く人たちが増え、職場の多様化が進む昨今。何を心がけ、何を実践していくべきなのか。法政大学の眞保智子教授にうかがった。

※ 所属・役職は取材当時のものです。