ヘルスケア:事業を通じた社会課題の解決(CSV)

アルツハイマー病治療薬の開発支援ビジネスを開始

社会課題

日本における65歳以上の認知症患者数は、2012年に462万人でしたが、2025年には700万人を超えると予測されており、認知症対策は、医療分野だけでなく社会全体にとって重要な課題となっています。また、認知症の6割以上をアルツハイマー型が占めていますが、現状では根本的な予防薬や治療薬は存在しておらず、検査自体も痛みが伴い、費用も高額であることが課題となっています。

SDGsへの貢献

アルツハイマー型認知症が社会に与える影響は大きく、アルツハイマー病の予防や早期発見・治療への期待は高まっています。また、検査に伴う痛みの軽減や費用の低減など、患者さんのQOL向上も課題です。質量分析装置を使った検出法により、誰もが安全で、質の高い安価な医療にアクセスできることを実現します。

島津製作所の取り組み

2014年~
アルツハイマー病血液バイオマーカーの研究を推進

私たちは、世界有数のアルツハイマー病コホート研究の組織である豪州のAustralian Imaging Biomarkers and Lifestyle Study of Ageing(AIBL)と連携し、京都大学、東京大学、東京都健康長寿医療センター、近畿大学と共同で、アルツハイマー病血液バイオマーカーの研究を推進しました。
当社からは2002年のノーベル化学賞を受賞した田中耕一シニアフェローらが共同研究に加わっており、同賞の受賞理由となった「MALDI(マトリックス支援レーザー脱離イオン化法)」の技術が、アルツハイマー病変(アミロイドβ蓄積)検出法の実現につながっています。

2018年2月
アルツハイマー病変(アミロイドβ蓄積)検出法を確立

私たちは、計測技術と医用技術を融合し、予防・診断・治療・予後管理の幅広い分野で革新的な製品・サービスを創出する「アドバンスト・ヘルスケア」に取り組んでいます。
その一環として、認知症関連の研究を行う中、当社と国立長寿医療研究センターは、高精度のアルツハイマー病変(アミロイドβ蓄積)検出法を確立し、2018年2月1日に学術誌「Nature」オンライン版で発表しました。

2018年8月
血液から脳内アミロイドβ蓄積を推定する受託分析を開始

私たちは、グループ会社の島津テクノリサーチと共同で、アルツハイマー型認知症に関する研究開発において、質量分析計を用いて血液から脳内のアミロイドβの蓄積度合いを推定する「アミロイドMS受託解析サービス」を開始しました。
アルツハイマー型認知症の原因として考えられている「アミロイドβ」というタンパク質は、発症の20~30年前から脳内に蓄積し始めるといわれています。
現時点ではアルツハイマー病に対する根本的な治療薬、予防薬は存在しないため、製薬企業や研究機関などでのサービス提供に限定し、治療薬および予防法の基礎研究や開発に貢献していきます。

アルツハイマー病の進行に関する仮説モデル

アミロイドβの脳内蓄積によりアルツハイマー病の発症リスクが高まると考えられており、その蓄積は発症の20年以上前から始まります。
アルツハイマー病の進行に関する仮説モデル

従来、アルツハイマー病の検査は、痛みを伴う脳脊髄液検査や費用が高額なPET検査でした。今回のアルツハイマー病変(アミロイドβ蓄積)検出法は、わずか0.5mLの血液から正確に検出できる簡便な検出方法です。