島津システムソリューションズ株式会社
  • 島津製作所 WEBサイト

工業計器

補助機器・変換器
インテリジェント補器M700シリーズ、カウンタ、起電力伝送器など、豊富な変換器群です。ディジタル技術とアナログ技術を組合わせ、高信頼・高精度を実現しております。

補助機器・変換器 ポータブルコミュニケータ PTC-2000
□特長
  • ±0.1%のディジタル高精度演算ができます。
  • 多彩な演算式の中から、その一つを選択することができます。
  • 演算式のパラメータを任意に設定することができます。
  • 複合演算器では、29種類の演算式を20個まで任意に組合せて、目的の演算を実行することができます。
  • パームトップコミュニケータにより、ゼロ・スパンの校正ができます。
  • 出力信号はすべて絶縁され、回りループを考慮する必要がありません。
複合演算器 M700 仕様
乗除演算器 M712 仕様
セレクタ M714 仕様
開平演算器 M721 仕様
1次遅れ演算器 M723 仕様
リミッタ M725 仕様
ディストリビュータ M753 仕様
すべり抵抗変換器 M756 仕様
1出力形アイソレータ M758 仕様
TG/DC変換器 M762 仕様
高機能形警報設定器 M771 仕様
高機能形信号発生器 M773 仕様
高機能形比率設定器 M775 仕様
起電力伝送器 T772 仕様
加減演算器 M711 仕様
温圧補正演算器 M713 仕様
2入力形演算器 M715 仕様
特性演算器 M722 仕様
リバーシングリレー M724 仕様
1入力形演算器 M726 仕様
演算形ディストリビュータ M754 仕様
DC/DC変換器 M757 仕様
2出力形アイソレータ M759 仕様
警報設定器 M770 仕様
信号発生器 M772 仕様
比率設定器 M774 仕様
パルス変換器 M792 仕様
パームトップコミュニケータ
PTC-1000
仕様
ポータブルコミュニケータ
PTC-2000
仕様
  ダウン
ロード
複合演算器 M700 加減演算器 M711
内蔵された各種の基本演算を任意に組合わせて、目的の演算式を構成します。29種類の演算式と20個の演算セルを有し、その組合わせの設定はパームトップ・コミュニケータPTC-1000から行います。

仕様
最大4点までの入力信号にそれぞれバイアスを加え、さらにそれらの加減算を行います。

仕様
Page Top
乗除演算器 M712 温圧補正演算器 M713
最大3点までの入力信号の乗除算を行います。

仕様
差圧式流量計や超音波流量計の信号の温度と圧力の補正をします。

仕様
Page Top
セレクタ M714 2入力形演算器 M715
2点の入力信号のうち、信号の高い方または低い方を選択します。

仕様
2点の入力信号を、内蔵された13種類の演算のうち、選択された1つの演算式に従って演算します。

仕様
Page Top
開平演算器 M721 特性演算器 M722
差圧伝送器などのように、流量の自乗に比例した信号を開平し、流量に比例した信号に変換します。

仕様
入力信号を任意の特性に変換します。最大16点の折れ線で近似することができます。

仕様
Page Top
1次遅れ演算器 M723 リバーシングリレー M724
プロセス信号に含まれる高周波ノイズや急激な外乱を防いだり、設定値切替時の突変防止などに使用します。

仕様
入力信号が0%から100%に変化すると、出力が100%から0%に変化します。

仕様
Page Top
リミッタ M725 1入力形演算器 M726
入力信号の上下限をリミット演算します。

仕様
1点の入力信号を内蔵された10種類の演算のうち、選択された一つの演算式に従って演算します。

仕様
Page Top
ディストリビュータ M753 演算形ディストリビュータ M754
2線式トランスミッタに電源を供給するとともに、トランスミッタからの信号を各受信機器に出力します。

仕様
2線式トランスミッタに電源を供給するとともに、トランスミッタからの4〜20mA信号を受けて、選択された演算をします。

仕様
Page Top
すべり抵抗変換器 M756 DC/DC変換器 M757
検出用ポテンショメータのスライダ位置で検出される各種のプロセス量を、1〜5Vまたは4〜20mAの信号に変換します。

仕様
直流電圧信号または直流電流信号を標準統一信号に変換します。

仕様
Page Top
1出力形アイソレータ M758 2出力形アイソレータ M759
入力信号と出力信号を絶縁するもので、検出端から送られてきたアナログ信号と制御システムの絶縁や、制御システムと計算機間の信号の絶縁に使用されます。1次遅れ演算を付加することができます。

仕様
入力信号と出力信号を絶縁するもので、検出端から送られてきたアナログ信号と制御システムとの絶縁や、制御システムと計算機間の信号の絶縁に使用されます。1次遅れ演算を付加することができます。2点の出力信号は、それぞれ相互に絶縁されています。

仕様
Page Top
TG/DC変換器 M762 警報設定器 M770
タコ・ジェネレータの回転数に比例した交流電圧信号を、直流電気信号に変換します。

仕様
入力信号の上下限警報や、上上限警報、下下限警報、偏差警報を出力します。ヒステリシス動作や時間遅れ動作を付加することもできます。

仕様
Page Top
高機能形警報設定器 M771
信号発生器 M772
入力信号の上下限警報や、上上限警報、下下限警報、偏差警報、または個別偏差警報を出力します。ヒステリシス動作や時間遅れ動作を付加することもできます。設定表示器によるデータの設定や表示ができます。

仕様
任意のアナログ信号を発生します。

仕様
Page Top
高機能形信号発生器 M773 比率設定器 M774
任意のアナログ信号を発生します。設定表示器によるデータの設定・表示ができます。

仕様
入力信号に比率をかけ、バイアスを加える演算を行います。

仕様
Page Top
高機能形比率設定器 M775 パルス変換器 M792
入力信号に比率をかけ、バイアスを加える演算を行います。設定表示器によるデータの設定・表示ができます。

仕様
アナログ信号をパルス数に変換します。

仕様
Page Top
起電力伝送器 T772
mV入力を標準統一信号に変換します。熱電対入力の場合は温度補償を行います。測温抵抗体入力もできます。

仕様
パームトップコミュニケータ
PTC-1000
補器M700シリーズの動作に必要なパラメータの設定、表示、校正ならびに異常診断を行います。

仕様
Page Top
ポータブルコミュニケータ
PTC-2000
補器M700シリーズの動作に必要なパラメータの設定、表示、校正ならびに異常診断を行ないます。従来のPTC-1000の後継機種です。

仕様
pdf 製品概要(PDF: 302KB)
ダウンロード
 
Page Top