流量計校正のご相談 お問い合わせ
島津システムソリューションズ株式会社
  • 島津製作所 WEBサイト

流量計校正のための用語集

流量計の校正をあきらめていませんか?
流量計の校正に関わる用語の解説をしています。ご不明な点や用語があれば島津システムソリューションズへお気軽にお問い合わせください!。

あ行

多くの電磁流量計で用いられている環状の導電体であり、検出器と測定流体とを同電位にするために使用する。

流体が流量計や配管等を通過する際のエネルギー損失。圧力損失により、下流側で流量・流速が減少する。

流量計の変換器に模擬的な信号を入力し、出力を確認する作業。流量計全体の性能確認としては不十分であることが多い。

検出部と変換部が一体構造となっている流量計。

実際に流体を流し、標準と比較して流量計を校正/試験すること。

流量計に配管接続用のフランジがなく、配管側のフランジに流量計を挟み込むことによって接続する構造。=フランジレス。

流れに置かれた柱状の障害物(渦発生体)の下流側に交互の渦が発生する。流体の流速と渦の発生周波数は比例関係にあるため渦の個数を検出し流量を測定する流量計。

容器内の水位を一定にするために、用いる方法の一つ。流れ出る以上の流体を容器に流入させ、一定の水位でオーバーフロー管から排出させること。

薄い壁に空けた流体を通すための小さな穴、およびその穴が空いた板のことを表す。またこれを用いて流体を流した時に発生する差圧を測定することによって流量を測定する流量計を表す。JIS Z 8762にて形状や計測方法が定められる。

Page Top

か行

開水路を流れる流量を測定する流量計の総称。各種原理の開水路流量計が存在する。

配管同士あるいは配管と流量計を接続する際に、気密性、液密性を持たせるために使用するシール材。

基準器との差を測定する試験。通常校正ではなく、不確かさを求めない。

「偏差」として使用されることが多い。基準器との差をいうこともある。通常、器差試験にトレーサビリティはない。

気体(空気・ガス)の流量を測定するための流量計。

揮発油税法に基づき製造所からの移出又は保税地域から引き取られる揮発油に対して課される税(2020年8月31日現在)。

流体の流速が早くなることで生じた圧力差により、気泡が発生すること。流量計の校正・実流試験にはキャビテーションのない環境が必要です。

本来は「校正」を意味する言葉だが、一般的に言われているキャリブレーションは、校正を表さないことが多い。また、キャリブレーションを調整である、あるいは調整を含むと解釈するものもあるが、これも校正ではない。「校正」についての詳細はこちら

流量計が電流出力を出す際に対応可能な負荷抵抗(配線や受信器側の抵抗値の総計)。

各計測器・センサーで測定した値を自動的に記録・保存する装置のこと。

内部(接液部)に水分を残さないように処理をした状態。

内部(接液部)に油分を残さないように処理をした状態。正確な実流試験・校正の為には実施が推奨される。

既設の配管などに、後付けで、外付けで取り付ける構造の超音波流量計。

同一条件で繰り返し測定を行った際の、測定値のバラつき。 流量計の正確さを表す「精度」とは異なる。

流量計においては、流体の流れを検出する機器。

対象の流量計が使用されている現場に赴き、校正を行うこと。

計量法によって定められる、取引・証明に用いる特定計量器の検査及び手続。校正ではなく、トレーサビリティはない。

配管の大きさを表す呼び方。配管の外径に比例した 数値で呼び、A、B、mm などの呼び方がある。

上位の標準(標準流量計、体積管及びひょう量タンク)を用いて、流量計のKファクタ、流出係数、補正係数又は偏差(器差)とその不確かさを求める作業。

トレーサビリティ体系図に記載されている校正用機器の校正証明書のこと。JCSS校正と校正用機器の校正証明書の関係についてはこちら

定期的に計測器の校正を行う場合、校正を実施してから次の校正を実施するまでの期間のこと。校正周期について定められた規定は存在せず、使用者自ら設定する。
トレーサビリティ確保のために、当社では年1回程度の校正をお勧めしております。

測定管を流れる流体によって生じるコリオリ力の変化を測定することによって流量を測定する流量計。

Page Top

さ行

管路中に絞り機構(オリフィス)を設け前後の差圧を測定することによって流量を測定する流量計。オリフィス、ノズル、ベンチュリ菅等がある。

食品、薬品用に使用する流量計。検出器の取り外し、洗浄が容易に行えるよう配管との接続がクランプ構造になっており、液だまりのない衛生的な構造になっている。JIS,IDF/ISO,3A,DINなどの規格がある。

流量計においては、流量を計測・演算したその結果を任意の単位に変換し、表示する機器。
当社では指示計に表示された瞬時流量でのJCSS校正が可能です。

流量計に対象となる流体を流して校正・試験を行うこと。変換器の電気的な点検(アンプチェック)のみではないことを示すこともある。

流体の単位時間当たりの質量。

壊れたり傷んだりした部分に手を加えて、再び使用できるようにすること。校正作業とは別の作業である。

酒税法に基づき酒類に課される日本の国税(2020年8月31日現在)。

酒税に関わる流量計についての検定制度。酒税用流量計については計量士立会いによる5年ごとの検定が義務付けられている。(2020年8月31日現在)。

瞬時的に流れる量のこと。単位は「m3/h」「L/min」「kg/min」等。

ある特定の量の定義と合致する値。「真の値は誰にも分からない」。

上水、工業用水、農業用水の取引・証明用として使用する流量計。検定後の8年の有効期限が存在する。(2020年8月31日現在)。

整流器。

流量計のパラメータ等を操作することにより流量計の感度を調整する作業。

ごみの除去、ねじの締め直しなどのハード部分のメンテナンス。校正作業とは別の作業である。

流れの分布を軸対象流に整流するために使用する機器。

一定時間で流れた体積、質量を表す。単位は「m3」「L」「kg」等。

流量がゼロの状態で、出力をゼロにあわせる機能。

フランジレスタイプの流量計の取り付けにおいて対象物を配管の中心に据えるための治具。

電磁流量計において変換器と検出器の間をつなぐケーブル。
検出器で発生した起電力を変換器へ伝達する。

電磁流量計のセンサ部を配管の内部や開水路などに挿入して流速を測定することによって、流量を測定する電磁流量計。

Page Top

た行

流体内におかれたロータの回転速度が流速に比例することを利用して流量を測定する流量計。軸流式と接線式がある。

流体の単位時間当たりの体積。

秤量法において、標準器とバイパス管路との間で、その流量を乱すことなく流れを切り換える装置。

ダイバータによって流れを切り替える際、時間、形状、流れなどの非対称性、不安定性によって生じる誤差。

流量計の校正・実流試験の実施状況を現場で確認すること。

測定流体に超音波を伝搬させ、超音波の特性を利用して流量を測定する流量計。伝搬時間差法、ドップラー法などがある。

流量計に流入する流体を各種流量計が必要とする程度に軸対象流とするために必要な直線状の配管部分の長さ。流量計の上流側に必要な直管長を上流側直管長、流量計の下流側に必要な直管長を下流側直管長という。

電圧の変化によって信号を表す出力。流量計では、1-5V、0-1V、0-5Vなどの出力が使用され、流量計で設定されたレンジと電圧出力のレンジが対応する形で、測定流量を電圧で出力する。

所定の項目に対し、計器が正しく動作するか確認する。校正作業とは別の作業である。

流量計に電力を供給するためのケーブル。AC100V、DC24Vなどの電源と接続する。

磁場中を流れる導電性の流体から、ファラデーの法則によって発生する流速に比例した起電力によって流量を測定する流量計。

ダイバータ。

電流の変化によって信号を表す出力。流量計では、主として4-20mAの出力が使用され、流量計で設定されたレンジと4-20mAが対応する形で、測定流量を電流で出力する。

実流校正装置を用いずに流量計を校正/試験すること。

取引量を量るために使われる計器。特定計量器を呼ばれる計量器は、計量法に基づいた検定を受ける必要がある。

校正・試験をした際に使用した標準器等がどういったもので校正・試験されたかを表す図。通常トレーサビリティ体系図には、計量計測トレーサビリティはない。JCSS校正とトレーサビリティ体系図の関係についてはこちら

Page Top

な行

加熱された物体の冷却率が流速の関数になることを利用して流量を測定する流量計。

Page Top

は行

電圧やON/OFFなどによって発生する、主として矩形の波形の信号。流量計では、通過する流体の体積や質量に比例した個数のパルスを出すものと、流量に比例した周波数を出すものなどがある。

流量計の場合のパルス出力において、1パルスを質量や体積に換算した値。

標準の流量計と比較することによって校正・試験をする方法。

小さな流量を表す呼称。独立行政法人製品評価技術基盤機構のJCT20850技術的要求事項適用指針(流量・流速/液体流量計・微小用流量計)では、200g/min以下を対象としている。

液体用流量計の校正又は器差試験を行うときに用いられ,基準となる値を発生するもの。校正においては,標準流量計,体積管,ひょう量タンクシステムのいずれかが用いられる。また,器差試験においては,タンク,体積管,はかりと密度計との組合せ又は流量計が用いられる。

標準値を与える参照標準として用いられる流量計のこと。流量値の不確かさを明記した校正証明書又は試験報告書を備えている必要がある。

秤によって、一定時間に流れた流体を測定することによって校正・試験をする方法。

ばらつきを特徴づけるパラメータのこと。詳しくはこちら

配管同士を接続するための接手の一種。
JIS10K,JIS20K,JIS7.5K,水道規格,ANSI,ASME,JPI等の規格がある。

ウエハタイプ。

面積流量計のテーパ菅の内部を流れによる差圧を発生させ上下する可動部。平衡状態となり静止することで流量を知ることが可能となる。

流量計。

検出器と変換器がそれぞれ存在する構造となっている流量計。

流量計に流れる流量を一定にするために、流体の一次側の圧力を一定にたもつこと。揚水ポンプから高架水槽に引き上げられた水をオーバーフローさせることにより、その高さを一定に保ち、高架水槽から送り出す流量を安定させる。ヘッド圧が一定であると脈動のない安定した流れで実流試験が可能になる。

流量計においては、検出器からの信号をもとに任意の出力に変換し信号を送る機器。

流量計の校正/試験において、被試験流量計の指示値から標準器の指示値を引いた差のこと。

流量計の校正/試験において、標準器の指示値を被試験流量計の指示値で除した値。

Page Top

ま行

標準として使用する流量計をマスターメーターと呼ぶことがある。

質量流量計の呼称のひとつ。流量制御の機能がついたものをマスフローコントローラと呼ぶ。

流量計において、流入側のフランジから流出側のフランジまでの長さのこと。

テーパ管内にフロートを入れ、フロートに加わる流体力と質量がつりあう静止位置から流量を測る流量計。(フロート式)。

Page Top

や行

あらかじめ校正された体積を流量計に流し込むことによって校正・試験をする方法。

流量計内に構成された容器に流体の流入と流出を繰り返し、その単位時間当たりの回数と容積の積から流量を求める流量計。

Page Top

ら行

流体の流速を測定する計測器。流速に特化したものを流速計と呼ぶことが多い。

流体の流れる速度。単位は「m/s」等。

流体の流れる量。単位時間あたりに流れる流体の体積または質量で表す。単位は「m3/h」「L/min」「kg/min」等。

流体の流量を測定する計測器。各種原理による流量計が存在する。

設備からテスト用信号を発生させ、監視装置までの通信内容の健全性を確かめること。

電磁流量計において検出器と変換器を接続するケーブルのうち、検出器のコイルと接続するケーブル。

流体力学において慣性力と粘性力との比で定義される無次元量のこと。

Page Top

A〜Z

米国国家規格協会。

米国機械学会 及び当該機関が発行する規格。

「Critical Control Point」の略で重要管理点のこと。温度や時間などの定量的な基準をもって監視する。

「Cleaning In Place」の略で定置洗浄のこと。装置を分解せず装置内部を洗浄剤等で自動的に洗浄を行うシステム。

食品製造業界のあらゆる組織に向けた食品安全システムの規格。ISO22000をベースとしてより高水準の食品安全レベルを求めている。

「Good Manufacturing Practice」の略で医薬品の製造所における製造管理、品質管理の基準のこと。

IATF(International Automotive Task Force)が決定する、自動車産業の品質マネジメントシステム規格のこと。ISO/TS16949をベースにしている。

国際電気標準会議。

国際協力認定協力機構。

IP規格(防塵・防水規格)のうち防水構造及び保護等級に準拠した製品の防水試験に用いる機器。

国際標準化機構。

校正機関及び試験所が校正又は試験実施する場合に必要な要求事項を規定した規格。各種規格や要求でトレーサビリティを要求する場合には、本規格に基づいた校正や試験をもとめることが多くなっている。JCSS校正であれば、ISO/IEC17025を満たした校正を行うことが可能である。

日本産業規格 ISO規格やIEC規格から作成される。

液体流量計の校正方法と試験方法を規定した規格。

ポンプ分野での、ポンプ試験方法を規定する国際規格のISO 9906に整合化したJIS規格。

ガス又は石油を燃料とする主として一般家庭用の温水機器の標準使用モードを用いた効率(モード効率)の測定法について規格。

石油学会が発行するフランジ規格。

流量計における単位流量当たりのパルスの周波数 例:pulse/L、pulse/kgなどの単位が用いられる。

相互承認協定 当社の取り組みはこちら

Page Top
Page Top