島津システムソリューションズ株式会社
  • 島津製作所 WEBサイト

分散形制御システム(DCS)

進化するDCS 新性能の追加で、より身近に、より使いやすく

METRIS-G4は、電力、環境(ごみ焼却場)、エネルギー、上水(浄水場)、鉄鋼、ガスなど様々なプラントへの納入実績を誇る分散形制御システム(DCS:Distributed Control System)です。METRISシリーズの4世代目として、これまでに培ったプロセス計装制御のノウハウを継承しながら、お客様からのご要望に応えて、日々進化をつづけています。

コンパクト化した制御ステーション「MS-ONE」は、これまでの信頼性・保守性はそのままに、機能性が更に向上。

Windowsベースのオペレータコンソールは、豊富な標準機能と、充実したオプション機能から最適なプラント運転を実現。

40年以上の豊富な経験と実績から、ブラックボックスのない高品質・高効率な作業環境を提供。

DCS製品の開発・製造・販売から保守までを、当社の社員が担当する一貫したサポート体制を確立。

TOPICS

分散形制御システムDCS:ハードウェアのページを改定しました。

ベースや入出力モジュールのラインアップを追加しました。

METRIS-G4の標準機能を大幅に強化した「METRIS-G4 Plus」を新たにリリースしました。

グラフィック機能やアラーム機能を更に充実することで、トラブルが発生した時の対応マニュアルや、オペレータ同士の伝言メモなどの情報を、DCSで共有することができます。
お客様がこれまで蓄積されてきたプラント運転技術に関するノウハウを、オペレータがDCSに直接記録できるため、技術・技能継承の効率的なアイテムとしても活用頂くことが可能です。

METRIS-G4 Plusのオペレータコンソール、シミュレータ、保守ツールがWindows10に対応しました。NEW

METRIS-G4 Plusは、最新のWindowsである「Windows10 Professional」と「Windows10 IoT Enterprise」に対応しました。
現行の「Windows7 Professional」との互換性を考慮しているため、METRIS-G4 Plusを既にご利用いただいているお客様は、新たにエンジニアリングすることなく、データベースを変換することなく、そのままWindows7からWindows10に移行することが可能です。
制御システムの安全・安心な長期運用をサポートします。

システム構成

充実のネットワークで確実なサポートを行います

4種の機能を1台に集約。
演算容量を増強し、省スペース・省電力化を実現。

・制御ネットワークインタフェース機能
・ループコントロール機能
・PLCインタフェース機能
・リモートI/Oインタフェース機能

最大16台のオペレータコンソールで小規模から大規模まで幅広くプラント監視制御が操作可能。

・制御ネットワーク回線に最大8台
・情報ネットワーク回線に最大8台

制御ステーションのシステム構築から、調整・保守などのエンジニアリングを強力サポート。

オープンネットワーク対応

制御ステーションは、各社PLCとの汎用インタフェース「FL-net」、オペレータコンソールはWindowsベースの「OPCサーバ接続」を装備。

遠隔監視(WEB)

中央操作室のDCSと同様に、事務所など遠隔からのプラント監視を実現。大型ディスプレイに表示して情報表示盤にも活用可能。

映像監視(ITV)

ネットワークカメラからのライブ映像を、オペレータコンソールに表示。ITVの動画とDCSのプラント情報が融合。

Page Top