流量計校正のご相談 お問い合わせ
島津システムソリューションズ株式会社
  • 島津製作所 WEBサイト

校正実施例

JCSS

当社 流量計校正試験所は、認定基準としてISO/IEC 17025(JIS Q 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。当社 流量計校正試験所は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS 0273は、当社 流量計校正試験所の認定番号です。

流量計校正でお困りのことはございませんか?

シーン別/ケース別に試験・校正の実施例を掲載いたします。
流量計校正でお困りの事は、まず当社にご相談下さい!

シーン/ケース 1

Q
JCSS校正を実施したい、、
A

ISO/IEC17025 に適合したJCSS 認定シンボル付校正証明書を発行することが可能。当社の校正証明書は海外でも有効です。

各種試験機関、及びGLP、GMP、HACCP、ISO/IEC17025への適合性の評価が必要とされる医薬・食品メーカーなどからのご依頼が増えております。

実施例1 購入を検討するメーカーで証明書の発行が不可
⇒ 当社へご依頼(新品をご送付)
実施例2 流量計を含む現場機器の保守を一括で請け負うも、流量計が古く、メーカーからは対応不可との回答
⇒ 当社にて実流試験を実施
Page Top

シーン/ケース 2

Q
特殊な流量計で、メーカーが校正を引き受けてくれない、、、
A

他社製流量計も校正可能です。

電磁流量計、超音波流量計、コリオリ式質量流量計、面積流量計(フロート式)、容積流量計、タービン流量計、絞り機構(オリフィス)、etc.

口径についても幅広い範囲で対応可能。

実施例1 標準としてお使いの流量計、取引量に関する流量計のJCSS校正実施例多数
実施例2 OEM供給する食品メーカーにて、発注元企業の監査に対応するため、校正を実施
実施例3 指示値を読み取る必要のある面積流量計(フロート式)のJCSS校正を実施
Page Top

シーン/ケース 3

Q
メーカーに確認したところ、納期が2〜3ヶ月との回答。
それでは間に合わない、、、
A

短納期での対応が可能です。
お急ぎの場合はご相談ください。

実施例 特殊仕様品の受注時、生産に必要となる標準の流量計の校正を急遽実施
Page Top

シーン/ケース 4

Q
お客様から立会い試験の要望があるんだが、、、
A

実績は多数ございます。
是非一度とご相談ください。

実施例 流量計の注文で立会検査が条件
⇒ 当社へエンドユーザー様をお迎えして立会試験実施
Page Top

シーン/ケース 5

Q
流量計を取り外すことができないんだが、、、
A

当社は水の液体流量計の現地校正をJCSS校正で行える国内唯一の会社です。(平成26年12月現在)

現地校正は輸送の手間が省け、短期間での校正が可能です。

※但し、事前の現地調査の結果、技術的な問題からお断りをさせていただく場合がございます。

実施例1 短時間しか生産ラインを止めることのできない飲料メーカー様にて
実施例2 製品の評価試験設備に流量計が組み込まれていて取り外すことができないケース
Page Top

シーン/ケース 6

Q
UL規格の要求仕様を満足する校正証明書が必要なのだが、、、
A

当社は、JCSS校正を発行することができます。

JCSS校正は、ISO/IEC17025に適合した校正です。よって、JCSS校正証明書を使用すれば、ULの校正要求事項に対応することができます。

実施例 試験条件として流量が決められている試験に使用する流量計の校正
Page Top

シーン/ケース 7

Q
海外からの監査で、トレーサビリティの証明に膨大な資料を要求されるのだが、、、
A

当社のJCSS校正は、国際MRA対応の校正証明書を発行できます。

当該流量計のトレーサビリティの説明は、当社のJCSS校正証明書で、容易に行うことができます。

実施例 ILAC MRAのシンボルマークで簡単にOKをもらう。
Page Top

シーン/ケース 8

Q
海外からの監査・審査で、うるさくトレーサビリティについて聞かれるのだが、、、
A

こういったお声をよく聴きます。提示されている校正の証明書に不確かさが記載されていない、ISO/IEC17025認定事業者ではない事業者による証明書であるなどの理由による可能性があります。

当社の発行するJCSS校正証明書は、国際MRA対応であり、ISO/IEC17025に適合した校正証明書を発行することが可能です。

実施例 国際MRA対応のシンボルやISO/IEC17025認定事業者による校正であることを確認しただけで、審査もスムースに審査も進む。
Page Top