回折格子(グレーティング)

回折格子とは、種々の波長が混ざった光(白色光)を波長ごとにわける(分散)光学素子です。

島津回折格子は、分光光度計やラマン分光器などの分光分析や、光スペクトラムアナライザや波長選択スイッチなどの光通信に加え、血液検査分野や非破壊糖酸度検査や異物検査などの食品・農業、軟X線領域から真空紫外領域向けの研究など、幅広い分野で貢献しています。

[特長]

  • 高効率かつ低迷光のブレーズドホログラフィック回折格子の設計製造技術
  • 簡易な光学系で分光器を実現できる収差補正機能付き凹面回折格子
  • 用途に応じて選択できる豊富なラインナップ
  • 要望に合わせた特注対応

精密格子板

回折格子 参考文献