回折格子(Gratings:グレーティング)光伝送機器モジュール用回折格子

DIFFRACTION GRATINGS FOR OPTICAL COMMUNICATION

光伝送機器モジュール用回折格子

光伝送機器モジュール用回折格子は、一般的に長期的な使用が想定され、高い信頼性が要求されます。本製品は、光通信用受動光学素子に要求される信頼性規格であるテルコーディア規格GR-1221-COREに準拠した試験に合格しています。
本製品は、高精度な二光束干渉によって製作されたマスタ回折格子からのAuコートレプリカ品です。近赤外領域のTM偏光(S偏光)(※1)で高い相対回折効率を持っており、高効率、耐環境性が要求される光通信用途、産業計測用途にご利用いただけます。
光伝送機器モジュール用回折格子をご希望の際は、見積フォームまたは光伝送機器モジュール用回折格子リクエストカードにご記入の上、ご相談下さい。

テルコーディア規格GR-1221-CORE準拠試験結果

表 テルコーディア規格GR-1221-CORE準拠試験結果(※2)
試験項目 試験条件(※3) 合格基準 合格数/試験数 相対回折効率
(TM偏光)最大変化量
結果
高温 85℃、2000時間 試験前後での回折効率変化量が±10%以内(※4) 11/11 1.4% 合格
高温高湿 85℃85%RH、2000時間 11/11 1.7% 合格
低温 -40℃、2000時間 11/11 1.7% 合格
温度サイクル -40℃⇔85℃、500サイクル 11/11 1.6% 合格

試験サンプル仕様:溝本数 1100本/mm、ブランク材質低膨張ほうけい酸ガラス、コーティング Au(金)

  • ※1:回折格子の溝方向と電場ベクトルの振動方向が垂直となる偏光方向。
  • ※2:試験結果は一例であり、保証値ではありません。
  • ※3:Telcordia GR-1221-CORE 6. Reliability Test Procedures を参照しています。
  • ※4:Telcordia GR-1221-CORE 6. Reliability Test Procedures O6-4 を参照しています。

図 テルコーディア規格GR-1221-CORE準拠試験結果(相対回折効率変化量)(TM偏光)

高温試験

a) 高温試験

高温高湿試験

b) 高温高湿試験

低温試験

c) 低温試験

温度サイクル試験

d) 温度サイクル試験