地磁気測定・磁気測定用三軸磁力計 MB162


三軸磁力計MB162形は、微小磁界の検出において、島津の持つ豊かな経験と技術を結集して開発した装置です。磁界の検出は高感度なフラックスゲート方式で、地球磁界を「安定」に「高い分解能」で測定できます。 高感度磁力計の性能は各地のフィールドで実証されています。

用途

  • ・ 地磁気観測・地質調査・部品材料の磁性検査・その他電磁気の研究など

特長

  • ・ 三軸ベクトル磁界測定
  • ・ 高安定度0.1nT/日
  • ・ 極微小温度ドリフト0.3nT/℃
  • ・ 高分解能0.1nT
  • ・ 一定磁界中の微小磁界変化を測定(一定磁界を補償回路で打ち消します。)
  • ・ アナログおよびディジタル出力表示(ディジタル表示は平均値で、切換により1s/10s/60sのデータ平均値を出力することができます。)
  • ・ 方位調整用発音体(発音が「連続→断続音→無音」となるように方位調整を行います。 )

仕様/構成

測定範囲 0~±50μT (定磁界補償範囲) PDF
MB162
三軸磁力計
カタログダウンロード

(2.79MB)
周波数帯域 DC~5Hz、1Hz、0.1Hz (切替)
分解能 0.1nT (最小測定感度レンジにて)
電源 AC100V±10V 50/60Hz
消費電力 20VA(アナログ)、25VA(ディジタル)
構成 制御器1台、検出器1台、ケーブル(50m標準)1本
価格 3,650,000円~4,672,000円(税抜き)

※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

FAQ お問い合わせフォーム お電話からのお問い合わせ
東京支社 磁気装置営業課 / TEL:03-3219-5776
受付時間 : 午前9時~12時 午後1時~5時(土日祝を除く)
ページトップに戻る