知的財産マネジメント

基本的な考え方

島津は、事業に貢献する知的財産を獲得し、有効活用を図っています。また、他社の知的財産権を尊重し、事業リスクを最小化します。

知的財産活動

知的財産権の獲得

1. 発明創出と権利化
全技術者による発明創出を進め、開発技術について漏れのない知的財産の権利化を推進しています。

2. 重要技術の知的財産強化
重要技術については、基幹特許として強い権利化を図っています。また、関連技術を含めた知的財産網を戦略的に形成し、製品競争力の源泉として活用しています。

3. 新技術の知的財産獲得
AIやIoT、DXによる新サービス、感染症などで必要となる新技術を活用した製品化に際し、有用な知的財産の早期獲得を進め、開発製品の競争力を強化しています。

4. 費用対効果の適正化
知的財産権の獲得は重要であるものの、高額な費用を要します。このため、発明創出を奨励する一方で、創出した発明について権利化対象を選別し、費用対効果を考慮した知的財産権の獲得を推進しています。また、出願に至らない発明もアイデアデータベースを構築し、将来的な活用を図っています。

知的財産の評価と報奨制度の実施

長期的かつ持続的に質の高い知的財産が創造されるよう発明者に対する報奨制度を設けており、毎年、知的財産の活用により生み出される利益に応じた補償を行っています。

他社知的財産権の尊重

1. リスク管理
他社の知的財産権を侵害しないよう、新製品の販売に際して他社の知的財産権の調査・評価を必須とする独自のシステムを構築し、事業上のリスクを最小化しています。

2. オープンイノベーションにおける知的財産対応
オープンイノベーションにおいて、他者との共有知的財産やデータの活用を推進する一方で、契約等で知的財産の保護や活用の在り方を明確にし、適切な運用を進めています。

知的財産教育

知的財産業務が適正に遂行されるよう、知的財産教育に力を入れています。

1. 新入社員向け研修
新入社員全員に知的財産の基礎知識修得と発明の権利化のための実務研修を実施しています。

2. 中堅社員向け研修
特許庁への出願書類における権利範囲の策定力と、他社知的財産権の侵害判断力の向上を目的とした研修を実施しています。
これにより、研究職や技術職の知的財産力の向上を図り、創出した知的財産の強い権利の獲得と他社知的財産リスクの最小化を行っています。

知的財産の戦略的活用

知的財産情報や獲得した知的財産を戦略的に活用し、新たな価値創造を図る活動も積極的に行っています。

1. IPランドスケープの活用
知的財産情報を経営、事業戦略に活用するIPランドスケープにも取り組んでいます。特許情報などを収集、加工して、市場を統合的に分析することにより、事業の強化や新事業の創出に役立てていきます。

*IPランドスケープ(Intellectual Property Landscape)とは、自社や他社の知的財産および市場を統合的に分析し、そこから得られた情報を経営戦略や事業戦略に役立てる手法のこと。

2. 知的財産の社外発信
複雑な技術を端的かつ直感的な言葉で表現し、技術ブランドとして発信することにより、当社技術力をアピールし企業価値の向上を進めていきます。

技術ブランド

3. 知的財産に基づく標準化戦略の策定支援
標準化戦略に知的財産に基づくオープン・クローズ戦略を組み込む活動を進めています。これにより、当社製品の市場の形成や拡大と、知的財産権を用いた差別化によるシェア拡大を推進していきます。

令和3年度「知財功労賞 特許庁長官表彰」を受賞

これらの知的財産活動が評価され、令和3年4月、経済産業省・特許庁より「知財功労賞 特許庁長官表彰」を受賞しました。

知財功労賞(特許庁の知財功労賞関連サイトへ)

社外発明表彰

公益財団法人発明協会が主催する全国発明表彰で「全国発明表彰 発明賞」、近畿地方発明表彰で「京都発明協会会長賞」を受賞するなど、技術の独自性や産業貢献度が評価されています。これら外部機関による表彰制度を活用しつつ、技術の研鑽に努めています。

社外発明表彰

 

島津は、今後も知的財産に対するこれらの取り組みを展開し、事業競争力の強化や企業価値の向上に邁進してまいります。