レーザースペクトラムアナライザSPG-V500

SPG-V500

概要

レーザースペクトラムアナライザ SPG-V500は、レーザーのスペクトル測定に適したマルチチャンネル分光器です。
設定波長ごとに決まる同時測定波長幅のスペクトルデータを一括して取得するリアルタイム測定が最大の特長です。
また、コア径600 µmの大口径光ファイバを接続することでアライメント性を格段に向上します。
レーザー測定向けに使いやすさを追求したソフトウェアにより、レーザー光源・発振器の開発スピード向上や製造コスト削減など、幅広い工程で効率化を支援します。

お問い合わせフォームヘ

[SPG-V500 アプリケーション]

特長

1. スペクトルの挙動が一目瞭然

スペクトルをアレイ型センサで一括取得することで、時々刻々と変化するスペクトルをリアルタイム測定します。
スペクトルグラフに加え、時間変化をトレンドグラフと強度マップで可視化し、それらを同時に確認しながらレーザーの特性を評価できます。
測定時間の短縮やレーザースペクトルの全数検査、レーザーの光学調整の効率化、異常箇所の検知などに役立ちます。

  • 注:同時に測定できる波長幅は測定波長により変わります。

2. セットアップが簡単

大口径マルチモード光ファイバ対応で、測定光の入射が簡単です。
専用ソフトウェアでスペクトルを見ながら,測定光の入射位置を調整できます。
光学調整の時間短縮はもちろん、光ファイバへの入射光学系の省略と高い配置自由度を実現します。

 

3. 紫外・可視・近赤外のレーザースペクトル測定がこれ1台

アレイ型センサを用いたマルチチャンネル分光器では分解能と測定波長範囲はトレードオフの関係ですが、当社独自の波長制御技術により、185~1095nmの波長のレーザー測定に対応します。可視・近赤外の半導体レーザーに加え、従来の光スペクトラムアナライザでは測定が難しかった193nmや248nmのエキシマレーザーや、266nmのYAGレーザー第4高調波などの紫外レーザーの測定も可能です。

基本データ

※水銀とアルゴンの輝線を測定

※水銀とアルゴンの輝線を測定

※水銀輝線(546.1 nm)を測定

※水銀輝線(546.1 nm)を測定