海洋機器水中光無線通信装置MC100

水中光無線通信装置MC100は、レーザー光を使用して水中における数十Mbpsクラスの高速通信を実現する光モデムです。

用途

水中装置間の高速通信

技術概要

従来、海洋を航行する水中ビークルから動画などの大容量のデータを取得するには、一度ビークルを海上または陸上に揚げる必要がありました。水中では、空中で通信に使用されている帯域の電磁波は激しく減衰し、無線通信に使用することができないためです。このため、水中の無線通信には音波が利用されてきましたが、通信速度は数十kbpsが限界であり、大容量のデータ通信には利用できずにいました。
水中光無線通信装置MC100は、水中で減衰の少ない波長のレーザー光(可視光)を利用し、数十Mbpsクラスの高速通信を可能にしました。

  • この技術は、防衛装備庁殿 安全保障技術推進制度の支援を受けて開発した、デュアルユース技術です。

特長

  1. 95Mbps以上での高速通信が可能です。
  2. 深海にて使用可能です。(水深3500m相当耐圧)
  3. 小型軽量です。
  4. オプションで標準水中ケーブル(長さ2m)が選択可能です。

仕様

構成 青色発光:1pc
緑色発光:1pc
標準水中ケーブル:2pc(オプション品)
通信仕様 最大通信速度 95Mbps以上
最大通信距離 10m以上(水中減衰量0.5dB/mのとき)
通信規格 100BASE-TX
電気的仕様(*1) 消費電力 5W以下
電源 DC24V
インターフェース SubConn社製コネクタ:DBH13M
通信部光学仕様 レーザー色 青色及び緑色の2波長
寸法(*1) Φ120mm×250mm以下(犠牲陽極部を除く)
質量(空中重量)(*1) 4.0kg以下(付属品を除く)
耐温度性能 動作温度範囲 -5℃~40℃
保存温度範囲 -20℃~60℃
耐水圧性能 36Mpa以上(3500m耐水圧相当)
  •  
  • (*1)青色発光、緑色発光それぞれについての仕様となります。
  • 仕様に関しては予告なく変更することがございます。

外形寸法

  • 青色発光、緑色発光共通。付属品は除く。
  • (単位:mm)

お問い合わせ先

E-mail jiki@group.shimadzu.co.jp
TEL 東京支社  (03)3219-5850