CHALLENGES of SHIMADZU in VARIOUS FIELDS

科学の力で社会に役立ちたい。島津製作所はさまざまな分野の発展に貢献しています。
“Shimadzu & Society”では、お客様、パートナー、そして皆さんと共に、社会課題の解決に挑戦していきたいという私たちの思いをイメージ動画でご紹介します。

Scroll Down
01

食品編

科学的検証が求められる産地/品種判別をはじめ、残留農薬やアレルゲン物質の分析といった食品の安全をサポートする手法、食感・風味、包装材の評価など、さまざまな食品・飲料分析に島津の技術が利用されています。

02

環境編

POPs(残留性有機汚染物質)やPM2.5をはじめ、多様な化学物質による環境汚染が問題となっています。環境大気、河川、飲料水、土壌、廃棄物など、様々な環境汚染物質の分析計測技術を開発しています。

03

医療編

患者さんの被爆量をもっと減らすことはできないか。医療従事者が被爆の不安なく施術できるようにならないか。X線装置開発100年の歴史で、いつも考えてきたことです。医療用X線装置は、もっとやさしくなれる。私たちは、挑戦を続けています。

04

マテリアル編

私たちの生活には多様な素材が応用されています。CFRP(炭素繊維強化プラスチック)やバイオミメティクス(生体模倣)など、より快適で安全な社会のために、さまざまな素材開発や材料技術の研究が進められています。そこにも島津の材料試験技術が貢献しています。

05

新エネルギー編

化石燃料に依存しない社会の実現。多くの研究者が持続可能なエネルギーの研究開発に挑んでいます。たとえば、藻類から燃料を取り出す研究もその一つです。藻類バイオマスや燃料電池など、新たなエネルギーの研究開発に島津の分析技術が利用されています。

06

インフラストラクチャ編

道路、建物、橋梁など、人々の暮らしには安全な社会インフラが不可欠です。構造物の耐久性や強度試験、補修効果の確認、寿命予測など、さまざまな試験技術がわたしたちの暮らしを支えています。