感染症

感染症対策を重大な社会課題として位置づけ、これまで提供してきた装置・試薬のラインアップに加えて、新たな製品開発を進めています。このほか「感染症対策の仕組み作り」を目的として、大学・病院・医療機関などとの共同に積極的に取り組み、現在、深刻な問題になっている「新型コロナウイルスによる感染拡大防止」と、今後の新たなリスクとなっている「感染症全体に対する対策」という2つの視点で取り組んでいます。

ウイルス検査

新型コロナウイルス検出試薬キット

簡単な前処理により70分でPCR検査が可能

試薬キットの評価については、国立感染症研究所Webサイトに掲載

多項目同時病原体遺伝子検出システム

感染症原因ウイルスや細菌に関わる遺伝子を多種類同時検出

呼吸器感染症などを検出するキットを約20種類ラインアップ

病態診断

回診用X線撮影装置(肺炎検査)

病室やICUのベッドサイドなどで肺炎検査が可能

新たな取り組み

  • 画像の精細化
  • ネットワークシステム強化
  • 光技術等を用いたウイルス除去装置

など

検査の精度管理/感染予防

感染症対策ネットワーク

治療薬の開発支援

新型コロナウイルスの治療薬候補の血中濃度測定システム

簡単な前処理により70分でPCR検査が可能

新型コロナウイルスの治療薬候補の血中濃度測定用安定同位体試薬(標準物質)を用いて、LCMSシステムによるモニタリングが可能

新規治療薬の開発支援システム

感染症原因ウイルスや細菌に関わる遺伝子を多種類同時検出

社外とのグローバルな共同開発を推進

製品を提供するだけでなく、大学・病院・医療機関と共同で「感染症対策の仕組み作り」を進めています。