分光機器

分光器とは、その名のとおり光を波長ごとに分ける装置です。我々が目にする光のほとんどは数多くの波長の光が混ざっていて、目に見える波長の光の混ざり方により見える色が決まります。

島津分光機器は、新コンセプトの光スペクトラムアナライザ『レーザースペクトラムアナライザ SPG-V500』と、装置組込みに適した『小形分光器スペクトロメイト SPG-120シリーズ』を揃えています。

SPG-V500は、照明やレーザ加工、センシング、分析機器などに使用されるレーザ光源分野や、半値幅の狭い光学素子の光学特性測定などの機能性材料分野に、SPG-120シリーズは、センサの分光感度特性評価や光学膜厚モニタなどの半導体分野や、蛍光体や塗料などの材料分野に貢献します。

[特長]
レーザースペクトラムアナライザ SPG-V500

  • 光スペクトルの測定時間短縮や変動評価を実現する高分解能リアルタイム測定
  • 深紫外から近赤外の広い測定波長範囲(185~1095nm)
  • 測定までの調整時間を削減する大口径ファイバ対応

小形スペクトロメイト SPG-120シリーズ

  • タクトタイム短縮とランニングコスト削減を実現するSPG-120-REV
  • 所望の波長の光を取り出せる波長可変単色光源(190~2500nm,S/UV/IRの3タイプ)
  • 豊富なオプションにより用途に応じたシステム構築・組換え可能