分光機器

波長185~1095 nmのレーザースペクトルをリアルタイム測定できるレーザースペクトラムアナライザSPG-V500と、用途に応じてシステム構築が簡単にできる小形分光器スペクトロメイトSPG-120シリーズを揃えます。

SPG-V500は、設定波長に応じて決まる同時測定波長幅において0.04nmを超える高い波長分解能でスペクトルをリアルタイム測定でき、時々刻々と変化するスペクトルの挙動が一目瞭然です。
また、当社独自の波長制御技術により、185~1095nmという広い測定範囲を実現し、さまざまな波長のレーザー光を測定できます。
レーザー光源・発振器の開発スピード向上や製造コスト削減など、幅広い工程で効率化を支援します。

SPG-120シリーズは、システムの構築や組換えが容易なモノクロメータです。手動で波長を設定できるSPG-120とPCで高速波長駆動できるSPG-120-REVがあります。SPG-120シリーズに豊富なオプションを組み合わせ、波長可変単色光源や光学特性測定装置など用途に応じたシステムを構築してご使用ください。

製品情報

分光機器