業績
  • ラボ見学
  • コンタクト
  • 学会発表
  • 論文
2018.07

Investigation of 42 Chiral Amino Acids Produced by Intestinal Microbiota in Biological Samples by High-throughput Comprehensive LC-MS/MS

HPLC 2018, Washington, U.S.

  • Akihiro Kunisawa 1,2
  • Takanari Hattori 1,2
  • Shuichi Kawana 2
  • Shinichi Kawano 1,2
  • Yoshihiro Hayakawa 2
  • Junko Iida 1,2
  • Eiichiro Fukusaki 1,3
  • Mitsuharu Matsumoto 4
More details
  • 1 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory
  • 2 Shimadzu Corporation, Kyoto
  • 3 Graduate School of Engineering, Osaka University
  • 4 Kyodo Milk Industry Co. Ltd.
2018.07

GC-MS/MS, LC-MS/MSによるマウス糞便中代謝物の網羅的測定

第45回BMSコンファレンス, 宮城

  • 服部 考成 1,2
  • 國澤 研大 1,2
  • 川名 修一 1
  • 河野 慎一 1,2
  • 早川 禎宏 1
  • 飯田 順子 1,2
  • 福崎 英一郎 2,3
  • 松本 光晴 4
詳細を表示
  • 1 株式会社島津製作所
  • 2 大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座
  • 3 大阪大学 大学院工学研究科
  • 4 協同乳業株式会社
2018.07

Garuda Platformを用いたマルチオミクスデータの自動可視化 -トランスクリプトームデータへの応用-

第45回BMSコンファレンス, 宮城

  • 國澤 研大 1,2
  • 金澤慎司 1,2
  • 山田洋平 2
  • 安田弘之 2
  • 松田史生 2
  • Samik Ghosh 3
  • 長谷武志 3
  • Nikolaos Tsorman 3
  • 松岡由希子 3
  • 梶原茂樹 2
  • 北野宏明 3
  • 福崎英一郎 1
  • 飯田順子 1,2
詳細を表示
  • 1 大阪大学
  • 2 株式会社島津製作所
  • 3 システム・バイオロジー研究機構
2018.06

Trial for Food Quality Evaluation with Machine Learning Schemes

Metabolomics Conference 2018, Seattle, U.S.

  • Takero Sakai
  • Yoshihiro Aoyama
  • Kiyomi Arakawa
More details
  • Shimadzu Corporation
2018.06

Determination of 42 chiral amino acids in biological samples using high-throughput and comprehensive LC-MS/MS: Investigation of D-amino acids produced by intestinal microbiota

Metabolomics Conference 2018, Seattle, U.S.

  • Takanari Hattori 1,2
  • Akihiro Kunisawa 1,2
  • Shuichi Kawana 1
  • Shinichi Kawano 1,2
  • Yoshihiro Hayakawa 1
  • Junko Iida 1,2
  • Eiichiro Fukusaki 2,3
  • Mitsuharu Matsumoto 4
More details
  • 1 Shimadzu Corporation
  • 2 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory
  • 3 Graduate School of Engineering, Osaka University
  • 4 Kyodo Milk Industry Co. Ltd.
2018.06

Automated visualization of multiomics (metabolomics, proteomics, fluxomics and transcriptomics) data on Garuda, a connectivity platform for biological analytics

ASMS 2018, San Diego, U.S.

  • Shinji Kanazawa 1,2,3
  • Yohei Yamada 1
  • Hiroyuki Yasuda 1
  • Fumio Matsuda 3
  • Samik Ghosh 4
  • Takeshi Hase 4
  • Nikolaos Tsorman 4
  • Yukiko Matsuoka 4
  • Shigeki Kajihara 1
  • Hiroaki Kitano 4
  • Eiichiro Fukusaki 5
  • Junko Iida 1,2
More details
  • 1 Shimadzu Corporation
  • 2 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory
  • 3 Graduate School of Information Science and Technology
  • 4 The Systems Biology Institute
  • 5 Graduate School of Engineering, Osaka University
2018.05

LC-MS/MSによるマウス糞便中の代謝物測定 -効率的なデータ解析・可視化-

第66回質量分析討論会, 大阪

  • 服部 考成 1,2
  • 國澤 研大 1,2
  • 川名 修一 1
  • 河野 慎一 1,2
  • 早川 禎宏 1
  • 飯田 順子 1,2
  • 福崎 英一郎 2,3
  • 松本 光晴 4
詳細を表示
  • 1 株式会社島津製作所
  • 2 大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座
  • 3 大阪大学 大学院工学研究科
  • 4 協同乳業株式会社
2018.02

High-throughput comprehensive LC-MS/MS analysis of trace D- and L- amino acids using extra-facile chiral separation and column switching system

PITTCON 2018, Orland, U.S.

  • Akihiro Kunisawa 1,2
  • Yuki Uno 1
  • Shinichi Kawano 1,2
  • Junko Iida 1,2
  • Yosuke Nakano 3
  • Eiichiro Fukusaki 2,3
More details
  • 1 Shimadzu Corporation
  • 2 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory
  • 3 Graduate School of Engineering, Osaka University
2018.02

LC-MS/MSによるマウス糞便中の代謝物測定 -若齢マウスと老齢マウスの測定例-

第2回京都生体質量分析研究会, 京都

  • 服部 考成 1,2
  • 國澤 研大 1,2
  • 川名 修一 1
  • 河野 慎一 1,2
  • 早川 禎宏 1
  • 飯田 順子 1,2
  • 福崎 英一郎 2,3
  • 松本 光晴 4
詳細を表示
  • 1 株式会社島津製作所
  • 2 大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座
  • 3 大阪大学 大学院工学研究科
  • 4 協同乳業株式会社
2018.01

新規キラルアミノ酸分析システムによるD,L-アミノ酸の超高速一斉分析

先導的学際研究機構 創薬サイエンス部門シンポジウム・技術交流会, 大阪

  • 國澤 研大 1,3
  • 宇野 由紀 1
  • 河野 慎一 1,3
  • 飯田 順子 1,3
  • 中野 洋介 2
  • 福崎 英一郎 2,3
詳細を表示
  • 1 株式会社島津製作所
  • 2 大阪大学大学院工学研究科
  • 3 大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座
2018.01

Garuda Platformを用いたマルチオミクスデータの自動可視化 ~カルビンサイクルへの適用~

先導的学際研究機構 創薬サイエンス部門シンポジウム・技術交流会, 大阪

  • 金澤 慎司 1
  • 山田 洋平 1
  • 安田 弘之 1
  • 松田 史生 3
  • Samik Ghosh 2
  • 長谷 武志 2
  • Nikolaos Tsorman 2
  • 松岡 由希子 2
  • 梶原 茂樹 1
  • 北野 宏明 2
  • 福崎 英一郎 3
  • 飯田 順子 1,3
詳細を表示
  • 1 株式会社島津製作所
  • 2 システム・バイオロジー研究機構
  • 3 大阪大学
2017.11

大量クロマトグラム処理に向けたDeep Learningによる自動ピークピッキング法(1)~アルゴリズム開発~

第11回メタボロームシンポジウム, 大阪

  • 小副川 健 1
  • 樋田 祐輔 1
  • 金澤 裕治 1
  • 山影 譲 2
  • 金澤 慎司 3
  • 國澤 研大 3
  • 寺田 英敏 3
  • 安田 弘之 3
  • 山田 洋平 3
  • 梶原 茂樹 3
  • 向 紀雄 3
  • 飯田 順子 3
詳細を表示
  • 1 株式会社富士通研究所
  • 2 富士通株式会社
  • 3 島津製作所
2017.11

大量クロマトグラム処理に向けたDeep Learningによる自動ピークピッキング法(2)~性能評価~

第11回メタボロームシンポジウム, 大阪

  • 金澤 慎司 1
  • 國澤 研大 1
  • 寺田 英敏 1
  • 安田 弘之 1
  • 山田 洋平 1
  • 梶原 茂樹 1
  • 向 紀雄 1
  • 飯田 順子 1
  • 小副川 健 2
  • 樋田 祐輔 2
  • 金澤 裕治 2
  • 山影 譲 3
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 株式会社富士通研究所
  • 3 富士通株式会社
2017.11

Garuda Platformを用いたマルチオミクスデータの自動可視化と統計解析パイプラインの開発

第11回メタボロームシンポジウム, 大阪

  • 山田 洋平 1
  • 金澤 慎司 1
  • 安田 弘之 1
  • 松田 史生 3
  • Samik Ghosh 2
  • 長谷 武志 2
  • Nikolaos Tsorman 2
  • 松岡 由希子 2
  • 梶原 茂樹 1
  • 北野 宏明 2
  • 福崎 英一郎 3
  • 飯田 順子 1,3
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 システム・バイオロジー研究機構
  • 3 大阪大学
2017.09

High-throughput comprehensive LC-MS/MS analysis of trace D- and L- amino acids using extra-facile chiral separation and column switching

RSC Tokyo International Conference 2017, Tokyo

  • Akihiro Kunisawa 1,2
  • Yuki Uno 1
  • Shinichi Kawano 1,2
  • Junko Iida 1,2
  • Yosuke Nakano 3
  • Eiichiro Fukusaki 2,3
詳細を表示
  • 1 Shimadzu Corporation
  • 2 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory
  • 3 Osaka University
2017.09

LC-MS/MSによるマウス糞便中の代謝物測定 -若齢マウスと老齢マウスの測定例-

第69回日本生物工学会大会, 広島

  • 國澤 研大 1,2
  • 服部 考成 1,2
  • 岡 有香里 1
  • 川名 修一 1
  • 河野 慎一 1,2
  • 早川 禎宏 1
  • 飯田 順子 1,2
  • 福崎 英一郎 3
  • 松本 光晴 4
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座
  • 3 大阪大学 大学院工学研究科
  • 4 協同乳業 株式会社
2017.07

GarudaPlatformを利用した測定結果の自動可視化

第44回BMSコンファレンス, 滋賀

  • Fumio Matsuda 1
  • Yohei Yamada 2
  • Samik Ghosh 3
  • Takeshi Hase 3
  • Syohei Kinoshita 1
  • Shunsuke Nishino 1
  • Atsumi Tomita 1
  • Nikolaos Tsorman 3
  • Atsuhiko Toyama 2
  • Shigeki Kajihara 2
  • Norio Mukai 2
  • Yukiko Matsuoka 3
  • Hiroshi Shimizu 1
  • Eiichiro Fukusaki 4,5
  • Hiroaki Kitano 3
  • Junko Iida 2,5
詳細を表示
  • 1 School of Information Science and Technology, Osaka University
  • 2 Shimadzu Corporation
  • 3 The Systems Biology Institute
  • 4 Graduate School of Engineering, Osaka University
  • 5 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory, Graduate School of Engineering, Osaka University
2017.06

Mice fecal metabolomics by LC-MS/MS: Comparison between young mice and old mice

ASMS2017, Indianapolis, U.S.

  • Takanari Hattori 1,2
  • Shuichi Kawana 1
  • Yoshihiro Hayakawa 1
  • Eiichiro Fukusaki 3
  • Mitsuharu Matsumoto 4
詳細を表示
  • 1 Shimadzu Corporation
  • 2 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory
  • 3 Osaka University
  • 4 Kyodo Milk Industry Co. Ltd.
2017.06

Automated Visualization of Metabolome, Proteome and Fluxome Data on Garuda - a Connectivity Platform for Biomedical Analytics

ASMS2017, Indianapolis, U.S.

  • Fumio Matsuda 1
  • Yohei Yamada 2
  • Samik Ghosh 3
  • Takeshi Hase 3
  • Syohei Kinoshita 1
  • Shunsuke Nishino 1
  • Atsumi Tomita 1
  • Nikolaos Tsorman 3
  • Atsuhiko Toyama 2
  • Shigeki Kajihara 2
  • Norio Mukai 2
  • Yukiko Matsuoka 3
  • Hiroshi Shimizu 1
  • Eiichiro Fukusaki 4,5
  • Hiroaki Kitano 3
  • Junko Iida 2,5
詳細を表示
  • 1 School of Information Science and Technology, Osaka University
  • 2 Shimadzu Corporation
  • 3 The Systems Biology Institute
  • 4 Graduate School of Engineering, Osaka University
  • 5 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory, Graduate School of Engineering, Osaka University
2017.05

カラムスイッチングを用いたキラルアミノ酸分析システムの検討

第65回 日本質量分析学会, つくば

  • 箕畑 俊和 1
  • 宇野 由紀 1
  • 渡邉 淳 1
  • 寺田 英敏 1
  • 飯田 順子 1
  • 中野 洋介 2
  • 福崎 英一郎 2
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 大阪大学 大学院工学研究科
2017.05

Garuda platformを用いた質量分析トランスオミクスデータの自動可視化

第65回 日本質量分析学会, つくば

  • 山田洋平 1
  • 松田史生 2
  • Samik Ghosh 3
  • 長谷武志 3
  • 木下翔平 2
  • 西野駿佑 2
  • 富田淳美 2
  • Nikolaos Tsorman 3
  • 遠山敦彦 1
  • 梶原茂樹 1
  • 向紀雄 1
  • 松岡由希子 3
  • 清水浩 2
  • 福崎英一郎 2,4
  • 北野宏明 3
  • 飯田順子 1,4
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 大阪大院工
  • 3 システム・バイオロジー研究機構
  • 4 大阪大学島津共同研究講座
2017.03

カラムスイッチングを用いたキラルアミノ酸分析システムの検討

日本農芸化学会2017年度大会, 京都(2017.3.19)

  • 渡辺 淳 1
  • 宇野 由紀 1
  • 箕畑 俊和 1
  • 寺田 英敏 1
  • 飯田 順子 1
  • 中野 洋介 2
  • 福崎 英一郎 2
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 大阪大院工
2017.03

カラムスイッチングを用いたキラルアミノ酸分析システムの検討

日本薬学会第137年会, 仙台

  • 箕畑 俊和 1
  • 宇野 由紀 1
  • 渡辺 淳 1
  • 寺田 英敏 1
  • 飯田 順子 1
  • 中野 洋介 2
  • 福崎 英一郎 2
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 大阪大院工
2016.10

LC-MS/MSおよびLCによるマウス糞便中の代謝物測定

第10回メタボロームシンポジウム

  • 服部考成 1,2
  • 岡有香里 1
  • 川名修一 1
  • 松本光晴 3
  • 早川禎宏 1
詳細を表示
  • 1 島津製作所
  • 2 大阪大学大学院工学研究科
  • 3 協同乳業株式会社研究所
2016.06

13C-metabolic flux analysis of microbes by using novel fragmentations of tert-butyldimethylsilyl (tBDMS)-amino acid derivatives with GC-MS/MS.

ASMS 2016

  • Nobuyuki Okahashi 1
  • Shuichi Kawana 2
  • Junko Iida 2
  • Hiroshi Shimizu 1
  • Fumio Matsuda 1
詳細を表示
  • 1 Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
  • 2 Shimadzu Co.
2016.05

13C代謝フラックス解析法の精度向上のためのGC-MS/MSによる新規アミノ酸フラグメントイオンの探索

第64回 日本質量分析学会

  • 岡橋 伸幸1
  • 川名 修一2
  • 飯田 順子2,3
  • 清水 浩1
  • 松田 史生1
詳細を表示
  • 1大阪大学大学院情報科学研究科
  • 2島津製作所
  • 3大阪大学大学院工学研究科
2016.3

ガスクロマトグラフィー
― タンデム四重極型質量分析装置 (GC-MS/MS) を用いた13C代謝フラックス解析の精度向上

第81回 化学工学会

  • 岡橋 伸幸1
  • 川名 修一2
  • 飯田 順子2
  • 松田 史生3
  • 清水 浩*
詳細を表示
  • 1阪大院情報,学〇
  • 2島津製作所
  • 3阪大院情報
  • *阪大院情報,正
2015.10

Frontier in Biotechnology -from Metabolites to Regenerative Cells

大阪大学+島津製作所 共同主催ワークショップ
2015年10月9日(金),Pathumwan Princess Hotel, Bangkok

詳細を表示

Agenda

  1. 1. Cutting-edge biotechnology from Osaka University and collaboration with Shimadzu
      └ プレゼンテーションファイル - Contributing through Science and Technology - Collaboration Between Osaka University and Shimadzu (PDF 3,807 kB)
      └ プレゼンテーションファイル - Mass Spectrometry - A Powerful tool for metabolomics (PDF 7,060 kB)
  2. 2. Cutting-edge biotechnology from Thailand - Metabolomics and metabolomics profiling with food
  3. 3. Cutting-edge biotechnology and pioneers of biotechnology - Osaka University
  4. 4. Cutting-edge biotechnology from Thailand - Pharmaceutical, healthcare and agricultural applications

案内状・プログラム詳細 パンフレット (PDF 1,186 kB)

講演者所属

大阪大学:
(1)大阪大学工学研究科生命先端工学専攻生物工学コース,(2)大阪大学生物工学国際交流センター(ICBiotech),(3)大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座
タイ:
(1)チュラロンコン大学,(2)カセサート大学,(3)モンクット王トンブリー工科大学(KMUTT),(4)マヒドン大学,(5)タイ国立遺伝子生命工学研究センター(BIOTEC)
島津製作所:
(1)島津製作所(日本),(2)Shimadzu (Asia Pacific) Pte. Ltd. (Singapore),(3)Bara Scientific Co. Ltd.(Thailand)(島津のタイ代理店)
2015.7

Fully automated on-line sample extraction and analysis of residual pesticides in agricultural products by using on-line SFE-SFC-MS

SFC 2015, 9th International Conference on Packed-Column SFC

  • Takanari Hattori 1
  • Takato Uchikata 1
  • Hidetoshi Terada 1
  • Chigusa Ichikawa 1
  • Yasuhiro Funada 1
  • Yayoi Ichiki 2
  • Miho Sakai 3
  • Takashi Ando 3
  • Yoshihiro Izumi 4, 5
  • Eiichiro Fukusaki 5
  • Takeshi Bamba 4, 5
詳細を表示
  • 1 Shimadzu Corporation, Kyoto, Japan
  • 2 Miyazaki Enterprise Promotion Organization, Miyazaki, Japan
  • 3 Miyazaki Agricultural Research Institute, Miyazaki, Japan
  • 4 Kushu University, Fukuoka, Japan
  • 5 Osaka University, Suita, Japan
2015.6

Fully automated on-line sample extraction and analysis of residual pesticides in agricultural products by using on-line SFE-SFC-MS

63rd ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics

  • Takanari Hattori 1
  • Takato Uchikata 1
  • Hidetoshi Terada 1
  • Chigusa Ichikawa 1
  • Yasuhiro Funada 1
  • Yayoi Ichiki 2
  • Miho Sakai 3
  • Takashi Ando 3
  • Yoshihiro Izumi 4, 5
  • Eiichiro Fukusaki 5
  • Takeshi Bamba 4, 5
詳細を表示
  • 1 Shimadzu Corporation, Kyoto, Japan
  • 2 Miyazaki Enterprise Promotion Organization, Miyazaki, Japan
  • 3 Miyazaki Agricultural Research Institute, Miyazaki, Japan
  • 4 Kushu University, Fukuoka, Japan
  • 5 Osaka University, Suita, Japan
2015.3

酵母に含まれる代謝物マーカー探索におけるGC-MS法とGC-MS/MS 法の比較

日本農芸化学会2015年度大会,岡山(2015.3.28)

  • 坂井 健朗1
  • 川名 修一1
  • 飯田 順子1
  • 馬場 健史2
  • 福﨑 英一郎2
詳細を表示
  • 1島津製作所
  • 2大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻
ページトップに戻る