経営戦略と推進体制|SHIMADZU×Diversity | 島津製作所

経営戦略と推進体制

島津製作所がダイバーシティ&インクルージョンに取り組む理由は次の3つです。

  • 多種多様な知識や価値観の組み合わせが、当社の求める新たな科学技術の源泉であること
  • 性別、国籍、年齢、性自認・性的指向(SOGI/LGBTQ)の違いや、障がい、働き方の制約条件の有無等に関わらず、従業員が強みを生かして活躍できる職場を作ることで、優秀な人財を引き付け、社会に認められる企業であり続けること
  • 自分が職場の一員として受け入れられていると感じることが、従業員から会社への信頼感、企業価値共有の基礎となること

社是である「科学技術で社会に貢献する」ため、当社は事業活動の軸となる行動基準や経営計画等にダイバーシティ推進を定めており、女性活躍推進やグローバル人財活躍推進等の具体的な取り組みを通じて、これからも新たな科学技術の創造と社会課題の解決に取り組みます。

推進統括責任者 常務執行役員 井村 公信

■ 島津レポート(統合報告書)はこちら

ダイバーシティ推進体制

取締役会
女性活躍推進プロジェクトチーム「WiSH」

2015年11月に、女性活躍推進プロジェクト「WiSH」を発足。週一回のミーティングでPDCAを回し、女性活躍推進をベースとしたダイバーシティ推進の観点から、従業員一人ひとりが、主体的に自身のワークとライフの在り方を考え、学びと経験を通じて成長し、活躍し続けられる職場を目指して、関係部門やプロジェクトチームと共に、さまざまな取り組みを進めています。

「WiSH」とは、Women in SHIMADZU / Work-life-balance improvement in SHIMADZUの略称です。仕事と生活の両立が当たり前になる職場づくりと、その環境の中で、一人ひとりの強みを発揮して活躍したい女性の願いが込められています。

PAGE TOP

MENU

CLOSE