機能拡張ユニット 温度可変クライオスタット

透明素材の屈折率の温度係数測定に

GMR-1DT

GMR-1DT

温度可変クライオスタット

温度可変クライオスタット

特長

  1. 試料を任意の温度に設定をして測定できます。
  2. 絶対屈折率と相対屈折率での温度係数の表示が可能です。
  3. 日本光学ガラス工業会規格に適合した精度での温度調整に対応しています。

用途

  • 光学ガラスなど透明素材の屈折率温度係数の測定
  • 任意の温度による屈折率の測定

お問い合わせ

カルニューブランド製品についてのお問い合わせは、カルニュー飯田事業所までお願いします。

お問い合わせフォームへ

〒399-2563飯田市時又250
電話番号:(0265)26-9121
Fax番号:(0265)26-9120
kalnew@group.shimadzu.co.jp