41号のシリーズあしたのヒントでお話を伺ったのは、法政大学現代福祉学部の眞保智子教授です。

「ダイバーシティ」という言葉が一般的になり、多様な人が多様な働き方で活躍できる環境の整備は、企業にとって重要な活動のひとつになっています。

得意不得意がある中で、できないことに注目するのではなく、それぞれができることでチームに貢献して最大限活躍する組織にするために。
マネージャー、そして私たちができること、しなければならないこととは。

働くあなたの「あしたのヒント」になる記事を目指して制作しました。