41号の巻頭は、アジア人女性初の宇宙飛行を遂げた、東京理科大学の向井千秋特任副学長が登場します!

取材を始めてすぐに感じたのは、“やりたい”を叶える情熱でした。

「小学生で医師になることを目指し、そのためにはどうしなければならないのかをゴールから逆算して具体的に準備する。そしてそこに向かってとにかく努力をする。すごく大変だけど、それよりも叶えたい未来に近づけると思うと楽しくてしょうがない!」

そう話す向井先生に、編集部一同は感銘を受けました。

宇宙飛行士として2度搭乗したスペースシャトルでの体験談や、東京理科大学 スペース・コロニー研究センターでの取り組みなども語っていただき、先生ご自身の生き方、考え方に胸を打たれる取材となりました。