人材育成

島津には若手でも積極的に仕事を任せていくという風土があります。
それは、若いうちから責任のある仕事を与え、試行錯誤を繰り返す中から自ら考え行動できる自立した人材を育てようという考えに基づいています。
島津では、新入社員研修をはじめ、階層別研修、選抜研修、機能別研修(営業・技術・技能)など多様な研修プログラムだけでなく、近年はグローバル人材育成施策にも力を入れており、未来を担う人材の育成に取り組んでいます。
なお配属後の各部門でも製品講習会・技術講習会などの実務を学ぶ機会が頻繁にあります。

新人教育について
(2017年度実績)

島津の一員となったばかりの新入社員を対象に、4月に約1ヶ月の全体研修があります。

この間、ビジネスの基本(マナー、文書、ものづくり、マーケティング、英語での応対など)を体得したり、当社の事業や社内の制度・仕組みについて理解を深めていきます。

また、京都府南丹市の「島津の森」で、島津製作所の環境保全活動・社会貢献活動について、グループに分かれての体験学習もあります。 その後、営業・管理系は、営業の基本に触れる2日間の営業講座を受講し、各職場に配属されます。

一方、技術・製造系は、約3ヶ月の専門研修で、機械、電気、ソフトウェアの基本を学び、その後各職場に配属されます。
しかし、新入社員研修はそれで終わりではありません。
メンター制度の下、1年目終了まで、職場一体で新人への教育が続きます。

新入社員研修でのプレゼンテーションの様子

新入社員研修でのグループワークの様子

「島津の森」体験実習

グローバル成長を支える人材育成

島津は「真のグローバル企業に」というビジョンの下、今後のグローバル事業成長を支える人材育成に取り組んでいます。
2012年より開始した「海外現場研修」は、入社5年前後の全部門の若手社員を対象とした研修で、公募により志願者を募り、最長2年間、海外のビジネス現場や大学院に派遣します。異なる文化の中での生活や、多様な価値観を持つ人々と一緒に働く経験を通じて、語学力を含めたコミュニケーション能力と、海外ビジネスの「土地勘」を身につけさせ、これからの当社事業の更なるグローバル化をけん引する人材を育成することが研修の目的です。

各国への派遣人数(2017年10月時点)

各国への派遣人数

さらに、島津グループ従業員約11,500名のうち、海外グループ会社で働く現地社員(ナショナルスタッフ)は約4,300名となっています。グローバル成長を支えるために、2015年度から「経営塾」「グローバルマネージャートレーニング」をスタートしました。
「経営塾」は、グローバル経営を担う幹部人材の育成強化を目指し、「グローバルマネージャートレーニング」は海外グループ会社の新任マネージャーを対象にナショナルスタッフの育成を図るために実施しています。

他にも、海外スタッフの本社OJTや本社と海外子会社の合同研修、海外大学への留学派遣、語学学習支援などを実施しており、人材育成に関する様々な切り口から「真のグローバル企業」の実現を目指します。

(2017年10月時点)

シンガポールで会議の進行をする海外現場研修生

海外グループ会社の新任マネージャーを対象としたグローバルマネージャートレーニングの様子

管理部門を対象をした英語での仕事紹介プレゼンテーション発表会の様子

採用情報