新型コロナウイルス感染症に対するフランス島津グループ社員からのメッセージ

Alsachim SASの技術者

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬候補の研究に使用される安定同位体試薬を開発・製造しているフランスの島津グループ社員に話を聞きました。

治療薬の研究開発に貢献するために

今回メッセージをもらった3人の社員は、Alsachim SAS社に所属しています。同社は2017年に島津グループに加わりました。世界でも一部に限られた、安定同位体試薬を合成・製造できる試薬メーカーです。

彼らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬候補となっている6種類の既存薬に対応する安定同位体試薬を開発しました。この試薬は、液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)で候補化合物の治療効果や副作用、血中の薬剤濃度などを測定する際に、標準物質として利用されます。

感染拡大防止のため人員が絞られる状態になりながらも、治療薬を開発する研究機関を支援するため、彼らは必要な試薬やアプリケーションの開発を急ぎました。

レムデシビル対応の安定同位体試薬

レムデシビル対応の安定同位体試薬

液体クロマトグラフ質量分析計システム

LC-MSシステム

社員の思い

血漿中の分子を測定するためのアプリケーション開発に携わった1人は、「この未曽有の事態で実感したのは、私たちがお客様と共に最善を尽くすことで科学の発展と社会の持続に貢献できるということです。Alsachimと島津製作所はCOVID-19治療薬の研究開発を支援していきたいと強く願っています」と話しています。

 

Alsachim SASのアプリケーション技術者

アプリケーション技術者の一人。ターゲット化合物の検討に力を注いだ。

 また、開発製造を担当したメンバーは、「こうした状況においても、Alsachimは島津グループの一員として『科学技術で社会に貢献する』という社是をイノベーションのテーマとして持ち続けました。私たちの仕事は、社是を体現したものだったと自負しています。困難な時こそ、島津が世界の人々の健康や公衆衛生の課題に果敢に挑戦する企業であると証明することが必要です。分析機器から消耗品、標準試薬までのトータルなソリューションで医薬品の血中濃度分析の開発に貢献するには、グループの技術の結集が不可欠です」と語りました。

 

Alsachim SASの開発製造担当者

チームで安定同位体試薬の開発製造を担当。技術者を総動員した。

※ 記載のAlsachim社製品は試薬製品であり、試験・研究目的での使用に限られ、体外診断、医薬品、食品、化粧品などの目的、および人体への使用はできません。 

 

当社は、新型コロナウイルス感染拡大の防止に引き続き努めるとともに、製品や技術が事態の終息に貢献できるよう取り組んでまいります。 

■ 当社の取り組みや本インタビューの詳細はこちら

これまでに紹介した社員からのメッセージはこちら

copy urlタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る