新型コロナウイルス感染症に対するアメリカ島津グループ社員からのメッセージ

アメリカの社員からのメッセージ(※ このインタビューは2020年7月前半に行ったものです)

アメリカで回診用X線撮影装置の据え付けを担う島津グループの社員から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するメッセージが届きました。

回診用X線撮影装置をお使いいただくために

彼の仕事は、医療機関に納入した装置をベストな状態で稼働させることです。院内のスタッフに装置の使用方法をレクチャーすることも重要なミッションです。

回診用X線撮影装置は肺炎の診断に用いられています。アメリカ各地への移動が制限される中、彼が所属するShimadzu Medical Systems USA は、お客様のトレーニングやセットアップのニーズを満たすため、オンラインツールを駆使してリモートサポートを実装しようと努力してきました。

 

回診用X線撮影装置の使用イメージ

装置の使用イメージ ベッドサイドやICU(集中治療室)で利用可能

社員の思い

「Shimadzu Medical Systems USAの従業員として、COVID-19の診断における私たちの役割を非常に誇りに思っています。米国の島津ファミリーは、回診用X線撮影装置の爆発的な需要増加に応えるために力を結集しています」と彼は言います。

英語字幕版(English subtitles)

当社は、新型コロナウイルス感染拡大の防止に引き続き努めるとともに、製品や技術が事態の終息に貢献できるよう取り組んでまいります。

 

当社の取り組みや本インタビューの詳細はこちら

これまでに紹介した社員からのメッセージはこちら

copy urlタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る