小形分光器スペクトロメイト小形分光器 SPG-120S

特長

  1. 高スループット
    効率が高く、分光マウントに対して溝形状を最適化したF = 3の明るい収差補正型凹面ブレーズド ホログラフィック 回折格子を採用したことにより、高いスループットが得られます。
  2. 高い波長精度
    サインバー機構に高精度な送りねじを採用し、当社独自の複数光源の輝線を用いた波長校正を行うことにより、±1.5nm(※)と高い波長精度を実現しています。
  3. 直線配置の入出射マウント
    入出射マウントが直線状に配置されているため、光学ベンチ上で光源や検出器などの付属品類と分光器本体の位置決めを容易に行うことができます。
  4. 豊富な周辺機器群
    光源、検出器、波長駆動装置(波長走査用モータユニット)などの周辺機器と組合せる事で、波長可変単色光源や発光体のスペクトル分布測定、物質の透過・反射特性測定など柔軟なシステム構成が可能です。
  • ※:弊社指定の測定光学系にて(スリット100µm、入射F値8)