ニュース

2022年3月9日 | お知らせ 「健康経営銘柄」に2年連続で選定
健康経営優良法人 ~ホワイト500~ には6年連続で認定

島津製作所は、健康経営に優れた上場企業として、経済産業省と東京証券取引所による「健康経営銘柄2022」に選定されました。社員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に「健康経営」を進めている企業として2年連続での選定です。

また、上場企業に限らず、優良な健康経営を実践している大規模法人を認定する「健康経営優良法人~ホワイト500~」には、経済産業省と日本健康会議により6年連続で認定されました。

当社は、一人ひとりの社員が健康で安全に、そして生き生きと働くことが経営の基盤であり、経営理念「『人と地球の健康』への願いを実現する」につながることだと考えています。

当社の健康経営への取り組みについて

「健康宣言」を2017年に制定し、社員とその家族の健康維持増進を目的に、運動、食事、禁煙、こころ、睡眠の5つの分野で展開する活動「ミル・ミル・Genki」を健康保険組合、労働組合と一体となって進めています。
今年度は、定期健康診断の受診者全員を対象に、それぞれの血圧や中性脂肪など9項目をスコア化し、前年のスコアからの改善を促す「健診チャレンジ」を展開しました。楽しみながら健康づくりに取り組める支援を行い、社員の健康リテラシー向上を図りました。
また、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、社員の感染拡大防止のために、感染症関連の事業に関わる社員の定期的なPCR検査を実施するほか、産業保健スタッフによるグループ社員の日々の健康状況チェックを継続して実施しています。

健診チャレンジの社内Webページ

健診チャレンジの社内Webページ

社内診療所に設けたPCR検査室

社内診療所に設けたPCR検査室

健康宣言

  1. 健康の実現
    私たちは、自らの健康について高い意識を持ち、自律した健康づくりに取り組みます。また、安心・安全で、気持ちよく働ける職場を、仲間たちとともにつくりあげます。
  2. 健康による事業の継続
  3. 私たちは、1875年創業時から受け継がれてきた従業員の健康増進への想いと共に、最先端の科学技術とサービスの提供を通じて、従業員と社会全体の健康づくりと事業の発展を推進します。
  4. 健康による未来社会への貢献
    私たちは、従業員とその家族の健康を当社の事業の根幹とし、「科学技術で社会に貢献する」という社是のもと、社会とともに成長し、人類の豊かな未来に貢献することを目指します。

 

当社の健康経営の取り組みはこちら
ミル・ミル・Genkiの取り組みは、こちら

経済産業省の「健康経営銘柄」の発表についてはこちら
経済産業省の「健康経営優良法人ホワイト500」の発表についてはこちら