研究用真空焼結炉 VHL・PHL

特長

  1. コンパクト
    基本性能は生産炉と変わらず多機能ですが、コンパクトで据付面積が小さく、研究用にてきしています。
  2. 処理目的に合わせた設計
    ヒータや断熱材は、グラファイトだけでなく、仕様によりモリブデンやタングステンを選ぶことができます。

適用

  • 各種研究
    超硬焼結
    MIM
    セラミックス
    磁性材料
    熱処理

 

VHL・PHLシリーズの仕様参考例

     
研究炉
形式
model
VHLgr
20/20
VHLgr
20/20/30
VHLw
10/15
VHLmo
20/20
VHLmo
20/20/20
PHLgr
18/15
炉内有効
寸法(mm)
幅×高さ×奥行
φ200×200H 200W×200H×300L φ100×150H φ200×200H 200W×200H×200L φ180×150H
ヒータ材質     タングステン モリブデン グラファイト
最高温度
(℃)
    2000 1600 2000
処理量
(kgグロス)
10 10 3 10 10 5
到達圧力
(Pa)
7×10-4
最高圧力   0.96MPa・G
設備電力
(kVA)
30 35 45 35 35 45