「ぶーめらん」編集部が落語家・林家たい平さんを取材
次号巻頭に登場!

落語家・林家たい平さん

お客様とのコミュニケーション誌「ぶーめらん」編集部が、次号の巻頭に登場する、落語家の林家たい平さんを取材しました!

本誌発行を前に、取材の様子や編集スタッフの声をご紹介します。

 

林家たい平さんのプロフィール

1964年生まれ、埼玉県出身。武蔵野美術大学 造形学部を卒業後、林家こん平さんに入門。2000年に真打昇進、2008年に芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

日本テレビ系列で放送されている番組「笑点」では2006年に大喜利メンバーとなって現在もご活躍されているほか、タレントや歌手などとしても幅広く活動されています。 

様々なチャレンジの背景を取材

「笑点」でのオレンジの着物と元気な笑顔がトレードマークのたい平さん。美大に進みながらも落語家の道を歩むことになったきっかけを伺いました。

番組の企画で挑戦した「24時間マラソン」、自身のYouTubeチャンネルでの動画配信など、様々なチャレンジを通して活動の幅を広げる背景などについても詳しく取材したようです。

取材した「ぶーめらん」編集スタッフの声

笑顔のイメージが強いたい平さん。取材時も終始にこやかにお話しくださいましたが、それより印象的だったのは落語への思いを語る時の熱いまなざしでした。

ひとりでも多くの人が落語と出会いたくさん笑顔になってほしい。一度落語を聞いて、落語の素晴らしさを知ってほしい。

それを聞いて、次回の落語会を調べてしまうほど、魅力に引き込まれた取材となりました。

2022年3月31日発行の「ぶーめらん」Vol.46の公開を楽しみにお待ちください!

落語について語る林家たい平さん

 

URLをコピーするタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る