「ぶーめらん」編集部が静音化設計ギヤポンプ開発チームを取材
フルイディクス事業部の挑戦

島津製作所 フルイディクス事業部のメンバー

お客様とのコミュニケーション誌「ぶーめらん」編集部が、静音化設計ギヤポンプの当社開発メンバーを取材しました。

この製品を手掛けたのは、滋賀県の瀬田事業所を拠点とするフルイディクス事業部です。編集スタッフは、メンバーの強力なチームワークを感じたといいます!

 

「音」にこだわった静音化設計ギヤポンプ

当社のギヤポンプは、産業車両や建設機械、特装車などに用いられています。油圧技術の核となる、作動油を送り出す働きを担います。

今回、「ぶーめらん」で特集するのは、昨年発売した静音化設計ギヤポンプ「Serenade SRP300シリーズ」です。「ラウドネス」という指標に着目し、騒音の低減を追求しました。

静音化設計ギヤポンプ「Serenade SRP300シリーズ」 

 

海外販路の拡大を目指して

フォークリフト向けギヤポンプにおいて高い国内シェアを有する当社フルイディクス事業部。海外にさらに打って出るため、環境規制を背景とした電動化ニーズ、それに伴う静音ニーズを見越して開発を続けてきました。

開発は4年前にスタートし、このたび欧州大手のフォークリフトメーカーでの量産採用も決定しました。技術や営業、工場がタッグを組み、事業部で一丸となって推進したプロジェクトです。

取材した「ぶーめらん」編集スタッフの声

今回の取材で印象に残っているのは、メンバーが強力なチームワークを発揮していたことです。

「製品を海外に広めたい!」という強い思いを持つ営業担当者、柔軟な発想力と高い行動力で開発を引っ張った若手技術者、メンバーを鼓舞していたマネージャーや部長など、一人ひとりが使命感を持って取り組んでいました。

熱いチームの雰囲気を感じていただけると嬉しいです!!

本編は、2022年3月31日発行予定の「ぶーめらん」Vol.46をご覧ください。Webサイトでは、取材の動画も公開する予定です!

 

取材を受けるフルイディクス事業部のメンバー 

 

URLをコピーするタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る