2020.05.27

理科や科学への興味を深めるきっかけになった1冊 #1

島津製作所の若手社員

当社で活躍する若手社員に、仕事の内容や“理科や科学への興味を深めるきっかけになった1冊”について聞いてみました!

 

光脳機能イメージング装置に関わる若手社員

仕事内容

彼女は、プロテインシーケンサ光脳機能イメージング装置の開発に携わっています。装置の設計や実験をするだけでなく、時にはお客様の元へ伺って操作説明や技術サポートを行います。今回の写真は、光脳機能イメージング装置の実験現場で撮影しました。

光脳機能イメージング装置を操作する若手社員
実験現場での若手社員

紹介した本

そんな彼女が紹介する本は、小学生の時に読んだ「うちゅうの話(やさしい天体かんさつ)(著:藤井旭)」です。最初は写真集のような感覚で綺麗な星を眺めていたそうですが、本の内容を理解して星座探しや天体観測をした経験が、科学の道を志すきっかけになったそうです。

「この本をきっかけに、将来は天文学者になって宇宙について研究したい!と思うようになり、理系の道に進むことを決めました。その後、興味は移り変わりましたが、科学という枠の中で、今では計測機器の開発を仕事にしています」と笑顔で答えてくれました!

 

本について話した若手社員

 

皆さんに影響を与えた本はありますか?子どもたちが理科や科学を楽しめるきっかけに出会えますように。

 
 
copy urlタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る