ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2021年10月7日 | プレスリリース エネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-7200」を発売
ベストセラーモデルがより高速・高感度で使いやすく進化

エネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-7200」

エネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-7200」

島津製作所は10月7日にエネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-7200」を国内外で同時に発売しました。「EDX-7200」は、従来機「EDX-7000」に比べ分析速度が最大3倍、分析感度が最大1.7倍に向上しています。電子部品に含まれる有害元素分析や医薬品の不純物解析などの用途に使用される、「簡単・迅速な分析」「様々な用途に1台の装置で対応」といったお客様のニーズに応えた製品です。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)は、試料にX線を照射して発生する蛍光X線のエネルギー(波長)や強度を解析することにより、試料を構成する元素の種類や含有量を調べる装置です。「非破壊で固体・粉体・液体などのさまざまな試料から元素分析ができる」という特長から、RoHS/ELV指令に対応する電子機器・自動車メーカーおよび部品供給メーカーの方々に、原材料の受け入れ・完成品出荷時の検査など品質管理のほか、各種部品の品質保証など多方面で利用いただいています。また、各種規制への対応に加えて、高感度を生かした材料組成や不純物分析、研究開発にも使われます。

「EDX-7200」は、2013年9月の発売以来累計約1700台(2021年9月時点)を販売しているベストセラーモデル「EDX-7000」の特長をそのままに、分析速度・感度・使いやすさがより一層進化しました。島津はEDXの国内市場でトップシェアを有しており、総合分析機器メーカーとしての幅広い製品ラインナップを生かして、材料試験機、非破壊検査装置、FTIR(フーリエ変換赤外分析装置)、GC-MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)と組み合わせて用途に応じた検査・分析工程を提案できるという強みをもっています。今後もRoHS分析をはじめ、顧客の様々な課題にお応えしていきます。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-7200」の特長

1. 高速、高感度を実現

部品性能の向上により、分析速度を従来比最大3倍に高速化しました。また、分析感度が従来比最大1.7倍となりました。分析・検査にかかる作業時間の短縮、業務の効率化を実現しています。

2. 強まる環境規制に対応

環境規制の強化に伴い、規制対象物質以外にも取引先からの追加の検査要求や異物分析要求が増えています。従来は規制対象外の物質については元素ごとに最適な分析条件を設定する必要がありました。「EDX-7200」ではオプションソフトウェアである「スクリーニング分析キット」により様々な元素を一度に検出することができ、より一層使いやすい装置となっています。

3. 多彩なオプションによる柔軟な装置構成

「真空測定ユニット」「ヘリウム置換測定ユニット」「微小部分析キット」といったオプションにより、軽元素の高感度分析や固体・液体・微小異物など様々な形態の試料の分析に柔軟に対応できます。またオプションの「ターレットユニット」を使用することで連続測定にも対応しており、業務が効率化できます。

希望販売価格 880万円(税抜き)
目標台数 発売後1年間で国内外あわせて260台

詳しい製品説明についてはこちら