ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2019年2月15日 | プレスリリース 四重極飛行時間型質量分析計「LCMS-9030」が
「iF DESIGN AWARD 2019」を受賞

 

株式会社島津製作所の四重極飛行時間型質量分析計「LCMS-9030」が、「iF DESIGN AWARD 2019」を受賞しました。

iF International Forum Design GmbHが1953年から主催している「iF DESIGN AWARD」は、国際的に権威のあるデザイン賞の1つです。今回は、52カ国から6375件の応募がありました。

当社の「LCMS-9030」は「Industry / Tools」部門での受賞となります。これまで、島津産機システムズ株式会社の真空加圧焼成炉「VESTA」が2012年に、当社の発光分光分析装置「PDA-5000」が2015年に、当社の中国子会社である島津企業管理(中国)有限公司の研究開発施設「島津中国質量分析センター」が2017年に「iF DESIGN AWARD」を受賞しています。

なお、授賞式は3月15日にドイツのミュンヘンで開催されます。

四重極飛行時間型質量分析計「LCMS-9030」について

「LCMS-9030」は、優れた感度と分解能を兼ね備える国産初の四重極飛行時間型質量分析計です。当社の主力製品であるトリプル四重極型質量分析計の開発によって培ってきた技術や、新開発した独自の特許技術などを結集しました。環境、法医学、食品、ライフサイエンスなどの分野で、複雑な構造を有する微量な化合物の定量や同定、構造解析などに有用です。

 

 

詳しい製品説明についてはこちら