ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2022年7月5日 | プレスリリース <国内初> 病院の放射線科専用受付システムを発売
患者さんに快適を提供し、業務効率を大きく向上

MERSYS-IV(ラジエーションパッケージ)拡張システムを導入すると、壁かけモニタで順番待ちが確認できる

MERSYS-IV(ラジエーションパッケージ)
拡張システムを導入すると、壁かけモニタで順番待ちが確認できる

島津製作所は、病院の放射線科専用の受付システム「MERSYS-IV™(メルシス フォー)(ラジエーションパッケージ)」を7月5日から国内で発売いたします。

新製品は、受付機に診察券を挿入または患者さんのリストバンドのバーコードを読み取らせることにより放射線科で受ける検査への受付(チェックイン)ができるものです。検査予約などで広く使用されている放射線科情報システム(RIS:Radiology Information Systems)と連携する無人受付システムの商品化は国内で初めてで、混雑する受付窓口でのストレスを大きく軽減します。患者さんに快適な受付フローを提供し、医療スタッフの業務効率向上、人的ミスの回避、人手不足対策にも有効です。
*2022年5月発売済のRIS連携機能付き無人受付システムにおいて(当社調べ)

病院の放射線科では、日々、X線検査やCT、MRI検査など画像診断装置による数多くの検査が行われます。医師から指示を受けた通院患者さんや入院患者さんが放射線科を訪れますが、受付開始時刻の前から順番待ちの列が伸びることが常態化している病院もあり、患者さんのストレスにつながること、スタッフへの問い合わせも多いことなどから、改善を望む声が数多くありました。

新製品MERSYS-IV(メルシス フォー)(ラジエーションパッケージ)の導入により、患者さんは放射線科の前に設置された受付機で簡単に受付完了でき、出力された受付票を持って順番を待つスムーズなフローになるため、受付待ちの混雑が解消されます。受付時に、医師がRISに予約した検査オーダーと患者IDとの自動照合をするため、スタッフによる照合作業も不要になります。受付業務を診療放射線技師が担っていることも多く、受付の順番待ちによる問い合わせや待合エリアへの案内業務などからも解放され、業務効率が大きく向上します。

新製品の特長

1. 診察券またはバーコードのみで受付完了

通院患者さんは診察券を受付機に挿入し、入院患者さんはリストバンドのバーコードを受付機に読み取らせることで、放射線科の受付(チェックイン)が完了します。人を介さずに、出力された受付票を持って指定の検査室の待合エリアで順番を待つ、スムーズで間違いのないフローが確立できます。

2. RISに登録された検査オーダーと自動照合

患者さんの検査は、担当医師が診察時にRISにオーダーし予約されています。放射線科を訪れた患者さんのチェックインにより、患者IDとRIS上の検査情報が自動照合されます。

3. 1台の受付機で、複数の検査室をカバー

放射線科には、一般撮影室、X線TV室、CT室、MRI室などがあり、多くの患者さんが訪れますが、MERSYS-Ⅳ(ラジエーションパッケージ)の受付機1台ですべての検査室へのチェックインと受付票での案内が可能です。医療施設での運用方法により受付機を増設することもできます。

4. 拡張システムにより、患者さんがより快適に

待合エリアにモニタを設置して、検査の順番待ちを確認できる拡張システムもあります。患者さんはスタッフに問い合わせすることなく待ち時間を予測できるため、より快適に過ごしていただけます。

販売名 受付システム「MERSYS-IV(ラジエーションパッケージ)」
構成 受付機本体
価格 7,540,000円(税別)
販売 (株)島津製作所、島津メディカルシステムズ(株)
製造 島津トラステック(株)

詳しい製品説明についてはこちら