ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2020年6月4日 | プレスリリース 新型コロナウイルスのPCR検査事業を開始
島津テクノリサーチが京都市の衛生検査所に登録

島津製作所は、6月8日から京都府の新型コロナウイルス検査の拡充に貢献するために、受託分析子会社の株式会社島津テクノリサーチ(京都市中京区)でPCR検査事業を開始します。同社は6月1日に京都市から新型コロナウイルスのPCR検査を行うための衛生検査所として登録されました。当面は1日当たり40検体の検査を想定しています。

島津製作所では、島津テクノリサーチ内に新設した検査室(バイオセーフティレベルⅡ+)に、リアルタイムPCR装置や遠心機など必要機材を設置いたしました。社外の検査機関・医療機関にて採取した検体(鼻咽頭拭い液および唾液)について迅速に検査する体制を整備しました。なおPCR検査の前処理では当社製の「新型コロナウイルス検出試薬キット」を使用し、1日当たり最大300件の検査能力を有しています。

 

※バイオセーフティレベルとは、WHO が制定した Laboratory biosafety manualに基づき、各国で病原体の危険性に応じて定められた取扱基準です。新型コロナウイルスに関しては、国立感染症研究所の指針で、バイオセーフティーレベルⅡ+での取扱が規定されています。

注意:島津製作所および島津テクノリサーチは医療機関ではございません。検体の採取を含む一切の診療行為を行っていません。