ニュース

2021年3月31日 | お知らせ 「明石博高と島津源蔵―京の近代科学技術教育の先駆者たち」
オンライン企画展が開催

「明石博高と島津源蔵―京の近代科学技術教育の先駆者たち」オンライン企画展が開催されます。

島津製作所の創業者である初代島津源蔵とその息子の二代島津源蔵が、京都の近代化の要となった産業や医療、理化学革新の中心的な役割を果たしたとして、明石博高(あかしひろあきら)とともに企画展で紹介されています。

明石博高は、医師であり、理化学、薬学を研究した殖産家で、科学技術の研究と教育の場として舎密局の設立に関わりました。初代島津源蔵は、舎密局で外国人の科学者たちから多くの知識を得て、理化学器械の製造へ道を開きました。

オンライン企画展「明石博高と島津源蔵―京の近代科学技術教育の先駆者たち」

【公開期間】2021年3月31日~2021年9月30日

【特設Webページ】

【主催】国際日本文化研究センター(日文研)

【共催】神田外語大学、島津製作所 創業記念資料館

【見どころ】

149点の展示資料と解説文、12のコラムの他、日文研所蔵の明石博高旧蔵金属標本を、島津製作所のエネルギー分散型蛍光エックス線分析装置(EDXRF)で成分分析した結果も公開されています。

 

国際日本文化研究センターのプレスリリースはこちら

島津製作所 創業記念資料館のWebサイトはこちら