ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2024年6月18日 | プレスリリース 「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」に参画
製造工程のモニタリングの効率化に関して分析技術で協力

島津製作所は6月7日に「次世代グリーンCO2燃料技術研究組合」(Research Association of Biomass Innovation for Next Generation Automobile Fuels、以下raBit)に賛助会員として参画いたしました。raBitは燃料を「つくる」プロセスでの効率化の研究を目的に2022年7月に設立された技術研究組合で、現在ENEOS株式会社、スズキ株式会社、株式会社SUBARU、ダイハツ工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、豊田通商株式会社、マツダ株式会社の7社が組合員として運営しています。当社はバイオエタノール燃料の品質および製造工程のモニタリング方法の効率化に関する研究に分析技術でraBitに協力いたします。

※トヨタ自動車が開発した酵母「TOYOTA XyloAceTM」

※トヨタ自動車が開発した酵母「TOYOTA XyloAce™」

raBitは、バイオエタノールの原料として福島県浪江町で非可食の作物(第二世代バイオマス)を栽培しており、バイオマスの利用・生産時の水素、酸素、CO2を循環させて効率的な自動車用バイオエタノール燃料の製造を目指しています。主な研究テーマは以下の4つです。
1)エタノールの効率的な生産システムの研究
2)副生酸素とCO2の回収・活用の研究
3)燃料活用を含めたシステム全体の効率的な運用方法の研究
4)効率的な原料作物栽培方法の研究

当社の主力製品である高速液体クロマトグラフ(HPLC)は、バイオマスの糖化液や、バイオエタノール発酵液中の糖類、エタノールや有機酸の分析に用いられています。raBitのバイオエタノール生産研究施設(福島県双葉郡大熊町)にて各工程のモニタリングにHPLCなどの分析機器を活用いただくことを予定しています。さらに発酵阻害物の分析など、発酵工程の最適化に分析技術で協力します。島津製作所は中期経営計画において「グリーン領域」に注力しており、今後はraBitの賛助会員としてカーボンニュートラル社会の実現に向けた研究開発を推進していきます。

  • ※水素製造時に副生成物として発生する高濃度酸素

 

関連リンク
次世代グリーンCO2燃料技術研究組合