新着情報

2020年1月24日 | 新着情報 MALDIデジタルイオントラップ型質量分析計「MALDImini™-1」が
十大新製品賞を受賞

田中耕一記念質量分析研究所がプロトタイプを開発し、分析計測事業部と共に製品化を行ったMALDIデジタルイオントラップ型質量分析計「MALDImini-1」が日刊工業新聞社主催の第62回(2019年)「十大新製品賞」の本賞を受賞し、1月23日に東京都内で贈賞式が行われました。

十大新製品賞は、その年に開発あるいは実用化された新製品の中から、モノづくりの発展や日本の国際競争力の強化に役立つ製品を日刊工業新聞社が選定し、表彰する制度です。MALDImini-1は、当研究所・田中耕一所長のノーベル化学賞の受賞理由となったMALDI(マトリックス支援レーザー脱離イオン化法)と、島津欧州研究所が基本技術を開発し当研究所が発展させた「デジタルイオントラップ」を組み合わせてできた、世界最小サイズのMALDI-MSです。タンパク質の同定や糖鎖・糖ペプチドの構造解析等、バイオ医薬品の開発現場などで威力を発揮する難度の高いMSnの分析と、設置場所を選ばない超小型設計を両立させたことが評価されました。
 

MALDImini-1
 

当研究所ではMALDIと質量分析法を組み合わせたMALDI-MSをコア技術とし、アルツハイマー病変の早期検出法の確立(2018年2月1日プレスリリース)や、糖鎖など生体分子の構造解析手法の研究、次世代質量分析システムの開発などに取り組んでいます。MALDImini-1は当研究所の研究成果が初めて製品化された装置です。今後も質量分析装置のさらなる性能向上とその応用法の開発を推進し、質量分析学の発展を通じた社会課題の解決を目指します。

MALDImini-1の詳しい製品説明についてはこちら

アプリケーションニュース(要会員登録)
小型MALDIデジタルイオントラップ質量分析計“MALDImini™-1”を用いたN-結合型糖鎖解析 - シアル酸結合様式異性体の識別と構造推定 –
小型MALDIデジタルイオントラップ質量分析計“MALDImini™-1”を用いた糖ペプチド解析
小型MALDIデジタルイオントラップ質量分析計“MALDImini™-1”を用いた化学修飾抗体の修飾部位解析