沿革

1875年 初代島津源蔵 京都木屋町二条南で創業、 教育用理化学器械製造を開始
1877年 日本で初めて有人軽気球の飛揚に成功
1896年 X線写真の撮影に成功
1897年 蓄電池の製造を開始
1909年 日本初の医療用X線装置を完成
1915年 光学測定器の製造を開始
1917年 株式会社に改組、蓄電池部を別会社化
1920年 大連出張所を開設
1930年 二代目島津源蔵が、わが国十大発明家の一人として、宮中賜餐にあずかる
1933年 工業用X線装置を開発
1934年 日本初の分光写真器を完成
1936年 航空機器の製造を開始
1952年 日本初の光電式分光光度計を開発
1956年 日本初のガスクロマトグラフを開発
1961年 世界初の遠隔操作式X線テレビジョン装置を開発
1963年 ニューヨーク事務所を開設
東京研究所を開設
1968年 ドイツに Shimadzu(Europa)GmbHを設立
1975年 創業100年を契機に、創業の地・木屋町二条に「島津製作所 創業記念資料館」を開設
1975年 アメリカに Shimadzu Scientific Instruments, Inc.を設立
1979年 アメリカに Shimadzu Precision Instruments, Inc.を設立
1980年 (財)島津科学技術振興財団を設立
1983年 アメリカで分析機器の製造を開始
1987年 ドイツで分析機器の製造を開始
1989年 英Kratos Groupを買収
1991年 けいはんな研究所開設
秦野工場を開設
1992年 中国に合弁会社北京島津医療器械有限公司を設立
1994年 中国に合弁会社天津島津液圧有限公司を設立
1996年 フィリピンに Shimadzu Philippines Manufacturing Inc.を設立
1997年 製造関係会社島根島津株式会社を設立
ベトナムにShimadzu Vietnam Medical Hi-Tech Company Ltd.を設立
1998年 島津(香港)有限公司を設立
中国に島津儀器(蘇州)有限公司を設立
1999年 世界最高速の遺伝子解析装置を開発
2000年 韓国に Dong-il SHIMADZU CORPORATION を設立
2001年 ライフサイエンス研究所を京都・つくばに開設
2002年 田中耕一がノーベル化学賞を受賞、文化勲章を受章
2003年 直接変換方式フラットパネル検出器(FPD)を搭載した世界初の循環器用X線診断装置を開発
2005年 次世代医療技術である分子イメージング機器開発への取組みを強化
光学部品等の製造会社 株式会社島津デバイス製造を設立
分析・計測機器の製造会社 島津エイテック株式会社を設立
2006年 欧州にSHIMADZU UK Ltd. など3社を設立
インドにShimadzu Analytical India Private Limitedを設立
中国に受託分析会社 島津(広州)検測技術有限公司を設立
2008年 三菱重工業からターボ分子ポンプ事業を譲受
2011年 中国に分析計測機器の開発センターを開設
2012年 食品放射能検査装置FOODSEYEを発売
2013年 ウルグアイにShimadzu Latin America S.A.を設立
台湾に台湾島津科学儀器股份有限公司を設立

社章の由来

“丸に十の字”の社章は、創業者である島津源蔵が、島津家の家紋を商標として定めたことに由来します。 島津源蔵の祖先は、井上惣兵衛尉茂一といい、1500年代後半に播州に住んでいました。薩摩の島津義弘公が、京都の伏見から帰国の途上に、豊臣秀吉公から新たに拝領した播州姫路の領地に立ち寄った際、 惣兵衛は、領地の検分などに誠心誠意お世話をしました。その誠意に対する感謝の印として、義弘公から“島津の姓”と“丸に十の字(くつわ)の家紋”を贈られたと伝えられています。

Shimadzuの"dzu"表記について

ローマ字の綴り方には、ヘボン式、訓令式、日本式、標準式(別名:修正ヘボン式)の4つがあります。現在国によって公式に認められているのは、このうちの、訓令式、日本式、標準式の3つです。 島津の「づ」は、ヘボン式、訓令式、日本式ではzuとなりますが、標準式ではdzuとなります。3種類の公式表記法のうち標準式が最も欧米語になじみやすいところから、英字新聞などでは古くから標準式が使われており、当社の社名にも当初からdzuが採用されて今日に至っています。

ページトップに戻る