バックナンバーBacknumber

NEWS & TOPICS

第56回京都府発明等功労賞を受賞

第56回京都府発明等功労賞の優秀賞に当社の「X線透視撮影台」が選ばれ、「クロマトグラフ質量分析装置」、「波長変換レーザ装置」の2件が入賞いたしました。京都府発明等功労者表彰は、京都府内で創造され、実施されている発明考案(登録済)で着想がよく、実績のあるものが選出されるものです。(2012.4.17)

クロマトグラフ質量分析計
波長変換レーザ装置

全国発明表彰の朝日新聞発明賞を受賞

「医療用に用いられる直接変換方式高解像度X線動画検出器の発明(特許第4211435号)」が、全国発明表彰の朝日新聞発明賞を受賞しました。X線診断装置に搭載するFPDに、光照射機構を設けたことで、それまで課題であった残像現象を解決し、診断可能な動画像を得ることができるようになったものです。(2012.6.25)

全有機体炭素計TOC-Lが機械工業デザイン賞「審査委員会特別賞」を受賞

日刊工業新聞社主催の第42回機械工業デザイン賞「審査委員会特別賞」に全有機体炭素計TOC-Lが選ばれ、東京都内のホテルで贈呈式が行われました。プロセス管理や水質管理、調査・試験研究、医薬品製造などに幅広く使われる装置で、設置スペースを約4割削減し、操作しやすいキーボードと視認性の高いカラー液晶画面を採用したことや、外観デザインが評価されました。 (2012.7.26)

第8回島津製作所の森作り活動

京都府南丹市にある“島津製作所の森”で行われた森作り活動に、島津グループ社員とその家族によるボランティアとスタッフの計56名が参加し、広葉樹の間伐作業などに取り組みました。また、京都府立植物園の松谷名誉園長と京都府林務事務所の小倉研二先生の解説による植物観察会も好評で、環境保全活動についての知識を深めました。 (2012.5.22)

島津グループブランドステートメント“ Excellence in Science”を制定

当社は4月、島津グループのブランドステートメントとして“ Excellence in Science”を新たに制定しました。このブランドステートメントは、1875年の創業時から築きあげてきた優れた科学技術力をベースに、常に世界のリーディングカンパニーとして挑戦を続けていく当社の強い意思と姿勢を表しています。(2012.4.1)

キッズぶーめらん 第2回「ピラミッドを抜け出せ」を公開

当社の子ども向けの科学WEBサイト「キッズぶーめらん」のX線シリーズ第2回として「ピラミッドを抜け出せ」を8月に公開しました。ピラミッドの中を冒険しながらX線について分かりやすく学べます。本サイトは、小中学生に科学に興味を持ってもらうきっかけ作りを目指して運営するものです。(2012.8.31)

理化学研究所とLC/MS/MSによる
マイクロドージングを用いた創薬支援に関する研究を開始

マイクロドージングを用いた創薬支援に関するLC/MS/MS(液体クロマトグラフ質量分析計)による定量法について、独立行政法人理化学研究所・社会知創成事業イノベーション推進センター内に4月1日に開設された杉山特別研究室と連携し、研究を開始しました。本研究は、当社のLCMSシステムと高感度分離技術を活用し、杉山特別研究室との研究を通じて、カセットドージングを含むマイクロドーズ試験での微量薬物定量法を確立させることで、薬物動態分野での研究を推進します。(2012.4.11)

国産初、超高速トリプル四重極型
ガスクロマトグラフ質量分析計GCMS-TQ8030を発売

対象成分の選択性が極めて高く、複雑な試料に含まれる超微量成分を高感度で定量同定できる、国産初の超高速トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計GCMS-TQ8030を発売しました。製薬会社での遺伝毒性不純物の定量、食品中の残留農薬など、ルーチン分析から研究開発まで幅広い用途で超高速性能を生かし、活用できます。(2012.5.16)

※ 関連ページ p17 ~ 18

超高速トリプル四重極型
液体クロマトグラフ質量分析計2機種発売

高感度と超高速性を兼ね備えた超高速質量分析計UFMSシリーズに、世界最高クラスの高感度と優れた定量性を実現したLCMS-8080とLCMS-8040を発売しました。残留農薬、動物用医薬品や水質分析、法薬毒物などの一斉分析の用途のほか、製薬業界での初期薬物動態試験へのニーズにも対応します。(2012.5.16)

※ 関連ページ p17 ~ 18

HPLC分析条件最適化システムNexera Quaternaryを発売

130MPaのシステム耐圧を有する超高速液体クロマトグラフNexeraの新シリーズとして、HPLC分析条件最適化システムNexera Quaternaryを発売しました。最大16種類の移動相溶媒の検討を自動化することが可能です。本製品は、製薬、食品、化学業界などのメソッド開発部門や品質管理部門をはじめ、幅広い分野での利用できます。(2012.5.30)

食品放射能検査装置「FOODSEYE」を発売

医療画像診断用PET 装置の技術を応用した、「食品放射能検査装置FOODSEYE(フーズアイ)」を発売しました。食品衛生法の新基準値に対応したスクリーニング検査を米袋1袋あたり5秒で行うことを可能にした製品で、検査時間5秒での測定下限値は20Bq/kg 以下、15 秒では10Bq/kg 以下を達成しています。米袋を運搬するための補助を行うハンドクレーンなどと組み合わせ、作業者の負荷を軽減し、効率的かつ迅速な測定が可能です。加えて、タッチパネルによるシンプルな操作性のほか、米袋にQRコードなどを添付する等、トレーサビリティに配慮した拡張性を有しているのが特長です。アフター体制は、島津メディカルシステムズ(株)が福島県ほかの東日本の各地に拠点を置くと共に、ネットワークで接続したオンラインでの装置状態診断を行うことができ、きめ細かなサポート体制で現地のニーズに対応します。(2012.5.22)

超高速分析に対応した
高耐圧ゴーストピーク除去カラムゴーストトラップDS-HPを発売

超高速液体クロマトグラフィーで使用可能な高耐圧対応型のゴーストピーク除去カラムゴーストトラップDS-HPを発売しました。高耐圧に対応可能な新製品により、超高速分析においてもグラジエント由来のゴーストピークの除去ができるため、汎用分析から超高速分析までの微量成分の分析において、ゴーストピークの出現に悩まされることなく、より信頼性のある分析が可能となります。本カラムは、医薬品分野における微量不純物分析をはじめ、食品や環境など幅広い分野での利用が期待されます。(2012.5.30)

京都大学と共同開発した装置を用いて行った
新生児の脳研究成果を発表

京都大学が、当社と共同で開発した光脳機能イメージング装置用「新生児全頭型プローブ」を用いて、新生児の脳活動を計測し、触覚刺激が脳の発達に重要であることを確認しました。この発見は、構造・機能が未熟だと考えられてきた「新生児期の脳」について新たな知見を提供するものであり、今後の新生児期の脳研究の進展に大きく寄与するものです。この研究成果は、2012年3月15日(ロンドン時間)にイギリスの科学誌「NeuroReport」のオンライン速報版で公開されました。(2012.3.23)

マイクロフォーカスX線CTシステムinspeXio SMX-100CTを発売

マイクロフォーカスX線CTシリーズの最高機種inspeXio SMX-225CTから3次元位置決め機能などの便利な機能を継承しつつ、樹脂をはじめとする軟素材向けに特化した新製品inspeXioSMX-100CTを発売しました。樹脂をはじめとする軟素材向けに特化した製品で、骨や電池材料、炭素繊維強化プラスチックなど、X線の透過しやすい軟素材を高拡大かつ鮮明な画像で3次元観察でき、繊維配向の解析等の構造解析に役立てることが可能です。(2012.7.18)

レーザ回折式粒子径分布測定装置「SALD-2300」を発売

医薬、化粧品、食品、電池材料などの粒子径分布を幅広い粒子濃度で測定可能な、レーザ回折式粒子径分布測定装置SALD-2300を発売しました。様々な濃度のサンプルを希釈・濃縮せずに測定できるうえ、最短1秒間隔での高速連続測定を実現することにより、粒子径分布の変化をリアルタイムで正確に評価することができます。(2012.3.12)

食品テクスチャー評価や医薬品評価など多様な試験に対応する
小型卓上試験機EZ Test EZ-Xシリーズを発売

業界最高クラスの試験力測定精度と保証範囲・制御精度・試験速度を実現した、小型卓上試験機EZ Test EZ-Xシリーズ29機種を発売しました。多彩なソフトウェアと試験治具を揃えており、食品のテクスチャー評価や医薬品・医療器具、電機・電子部品・繊維・紙・フィルム・プラスチックなど、幅広い分野の物性評価試験に対応しています。( 2012.4.10)

充電式のデジタル式回診用X線撮影装置の新製品
MobileDaRt Evolutionを発売

世界初のワイヤレスタイプの可搬型フラットパネルディテクタと、大視野FPDの2パネルを搭載したデジタル式回診用X線撮影装置MobileDaRt Evolutionを発売しました。本シリーズは、救急医療や小児医療、災害時対策、感染症対策でも威力を発揮するとして国内外で高い評価を受けており、1000台以上を納品しています。 (2012.4.11)

微量血漿中放射能濃度測定システムμFmPCを発売

小動物用PETによる薬物動態解析や薬力学的評価を支援するツールである微量血漿中放射能濃度測定システムμFmPCを(独)放射線医学総合研究所と共同で開発、発売しました。これまで血液量の問題から難しかった体の小さいマウスでの放射能濃度時間曲線の測定を世界で初めて実現し、測定による動物への負担を大幅に軽減しました。 (2012.6.13)

iPhoneアプリ「お天気サンダーバニー」の提供開始

(株)島津ビジネスシステムズはiPhone向け天気予報アプリ「お天気サンダーバニー」を4月20日より提供開始しました。ニューヨークのアーティスト、ロドニー・アラン・グリーンブラットがデザインした「サンダーバニー」がアニメーションで登場し、一枚絵のシーンとして天気予報を伝えます。見た天気予報を画像付でTwitter やFacebookに投稿することもできます。(2012.4.20)

株式会社島津ビジネスシステムズ

小型化・低価格を実現した真空加圧焼成炉VESTAを発売

真空加圧焼結炉をはじめとする真空熱処理炉のトップメーカである島津メクテム(株)はセラミックスや金属材料などの研究開発用真空加圧焼成炉VESTAを発売しました。従来製品と同等の基本性能を維持したうえで、コンパクトさとコストダウンを実現。また、炉の操作や設定、モニタリングをすべてタッチパネルで一括管理できるなど、優れた操作性が特徴です。(2012.4.19)

島津メクテム株式会社

TECNO-FRONTIER 2012モータ技術展で
動釣合試験機M-1Kを発表

湘南島津(株)は、日本能率協会が主催する第30回モータ技術展で新製品の動釣合試験機(バランサ)M-1Kを発表しました。M-1Kは小型モータロータ・スピンドル等を対象ワークと想定し潜在的なバランサユーザの掘り起こしを目標に企画・開発された製品でコンセプトはコンパクト・低価格・良好な操作性です。国内では初めての御披露目となり会場では多くの反響を呼びました。(2012.7.19)

湘南島津株式会社

トルコで開催された国際トーナメントでダブルス優勝

会社代表テニス部の森友香選手は、トルコのアンタルヤで開催された国際トーナメントのシングルスとダブルスに出場し、大西香選手(ノアインドアステージ)と組むダブルスで優勝し、シングルスではベスト4進出を果たしました。ダブルス決勝戦は、5月5日に行われロシアとアメリカ選手が組む第2シードのペアにストレートで勝利しました。(2012.5.5)

会社代表テニス部サイト