PCR検査システムを初めて特別養護老人ホームに設置

特別養護老人ホーム「グランデパール」長崎貞臣理事長

島津製作所は新型コロナウイルス感染症に対し、検査の拡充、ワクチンおよび治療薬の開発支援にグループ一丸となって取り組んでいます。

この度、PCR検査システムを初めて特別養護老人ホームに設置することができました。システムを導入した岡山県玉野市の「グランデパール」のご担当者は、施設内の安心感につながったとおっしゃっています。導入や設置までをサポートした、島津メディカルシステムズ担当者の声も紹介します。

 

PCR検査システムが安心感につながる

特別養護老人ホーム「グランデパール」では、入所者と接する職員72人がPCR検査を受けています。当社のシステムを導入した影響について、同施設の長崎貞臣理事長(医師)は次のようにおっしゃっています。

導入当初、職員たちには「自分に陽性反応が出たらどうしよう」という不安もあったようですが、日々検査を重ねていくうちに、「今日も大丈夫」という毎日の安心感につながってきているようです。

陰性が確認できて安心感が持てることで、職員たちも介助や支援などの業務に積極的に取り組めて、所内のはつらつとした雰囲気づくりにもつながっています。

検査事例の詳細はこちら(PDF:5.56MB)

 

医療従事者向け会員制サイト「SHIMADZU MEMBERS CLUB」では、「グランデパール」をはじめとする様々な施設や医療機関での検査事例、詳細などを紹介しています。

島津メディカルシステムズ担当者の声

特別養護老人ホーム「グランデパール」への据え付けまでを担ったのは、当社グループ会社である島津メディカルシステムズです。中四国支店の担当者は、特別養護老人ホームへの初の導入について、次のように話しています。

「装置を導入して本当に良かった」と言っていただけた瞬間は今でも忘れられません。

入居者様、スタッフ様を守るためにPCR検査システムを導入したいとのお考えで、利便性や操作性を評価いただきました。

引き続き、「グランデパール」様のサポートを続けていければと思います。

島津製作所の全自動PCR装置

感染症に、立ち向かう

島津グループは、科学技術の力で、医療の最前線を支援します。当社Webサイト「COVID-19に対するSHIMADZUの取り組み」では、関連トピックスをはじめ、感染拡大の抑制に取り組む研究者や社員からのメッセージなどを紹介しています。

 
URLをコピーするタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る