2020.06.12

消費しきれない食品を集荷して寄付するフードドライブを社内で実施中

食料品を寄付する社員

消費しきれない食品を集荷して寄付するフードドライブ活動を今月から社内で実施しています。最初の取り組みとして、6月5日に、社内の飲料類をNPO法人セカンドハーベスト京都に寄付しました。

同法人は、食べることができるにも関わらず様々な理由で廃棄される飲食物を引き取り、児童養護施設や行政の福祉窓口、子ども食堂などに提供しています。

集めた飲食物の寄付
集めた飲食物の受け渡し作業

社内で集めた飲食物を寄付

当社内での取り組み

当社も取り組みに賛同し、活動を支援しています。総務部に回収箱を設置して島津グループの社員から家庭や職場で余っている食品や飲料、備蓄品などを募り、隔週金曜日に集荷しています。次回は6月19日に集まった飲食物を寄付する予定です。

NPO法人セカンドハーベスト京都によると、フードドライブを社内で実施した民間企業は京都府で当社が初めてとのことです。

copy urlタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る