2020.02.10

TOF-MS豆知識クイズ!

今年は当社の質量分析装置誕生から50周年ということで、質量分析の豆知識や歴史に関するクイズを出題していきます!

“軽い分子は早く飛び、重い分子は遅く飛ぶ”という原理を応用して質量を分析する飛行時間型質量分析計TOF-MSですが、当社の「AXIMAシリーズ」は、分子を20kVの電圧で加速し、イオン源から検出器まで1.2mの間を飛ばしています。さてここで問題です!

Q1. 分子量4,331のアミロイドペプチドを測定した時、この分子はどのくらいのスピードで飛んでいるでしょう?

A:約4km/h(人の歩く速さ)
B:約60km/h(自動車の速さ)
C:約1,000km/h(旅客飛行機の速さ)
D:約100,000km/h(地球が公転する速さ)
E:約1,000,000,000km/h(光の速さ)


Q2. この時に、スタート(イオン源)からゴール(検出器)までの1.2mを飛ぶのにどのくらいの時間がかかるでしょう?

A:1秒
B:0.1秒(ヒトがまばたきする時間)
C:2ミリ秒(蚊が羽ばたく時間)
D:50マイクロ秒(ヒトが聴くことができる最も高い音の1周期)
E:1マイクロ秒(中波ラジオ電波の1周期)
F:0.3ナノ秒(パソコンのクロック周期)

正解はこちら

私には全く想像できない速度でした…皆さんは正解できましたか?

copy urlタイトルとURLをコピーしました
> 一覧に戻る