産業車両の電力消費量低減に
貢献するギヤポンプ・モータ技術
モビリティの電動化と高効率化

脱炭素社会の実現に向けた動きのひとつとして、乗用車のみならずフォークリフトなど産業用車両においても電動化が進んでおり、電力をいかに効率よく利用できるかが大きな課題となっています。
産業車両では、1回の充電により得られる稼働時間の長さは、ユーザーの作業可能時間、作業効率に直結するため、効率的にエネルギーを利用することが特に重要となります。

フォークリフトのエネルギー回収技術に対応したギヤポンプ・モータ

フォークリフトは、ギヤポンプが吐出する高圧油でシリンダーを伸ばすことで荷物(リフト)を持ち上げていますが、荷物を降ろす際は、急激に落下しないよう流量調整しながら油をタンクに戻し、リフトを下げています。この流量調整は荷物の位置エネルギーを熱エネルギーに変え、油温上昇を引き起こしているだけであり、エネルギーロスとなっています。
このエネルギーを無駄にしないよう、当社で研究を進めているのが油圧ポンプと油圧モータを兼ねたギヤポンプ・モータです。

※油圧ポンプ…エンジンや電動機などの駆動源から伝えられる回転運動によって油を流動させる(回転エネルギーを流体エネルギーに変換する)油圧機器。
油圧モータ…油の流動圧力から回転運動を発生させる(流体エネルギーを回転エネルギーに変換する)油圧機器。

  • ポンプ作用

  • モータ作用

島津製作所が研究を進めるギヤポンプ・モータの仕組みとは

現在、島津製作所が研究に取り組んでいるギヤポンプ・モータは、通常のポンプ機能を持ちながら、リフトを下げる際にはモータとして機能する製品です。これにより、新たに油圧モータを追加することなく、エネルギーの回収が可能となります。

通常、ギヤポンプは一方向回転のみで使用されるため、片回転での高効率に特化した設計となっていますが、ギヤポンプ・モータでは両回転が必要であり、その構造においても片回転と同等の効率が求められます。島津製作所では、このようなエネルギー回収技術の実現に向け、高効率なギヤポンプ・モータの研究を進めています。

関連リンク