働き方改革と多様なキャリア

働き方改革

トップメッセージ

現在、当社を取り巻く事業環境は、大きく変化しています。
特に、AIやIoT、ロボティクスなどの最先端分野における新技術の急速な進化により当社も「新たな価値を生み出す力」を高めていくことが必要で、そのためには、「個人のスキルアップ」と「組織の生産性向上」を両輪とした「働き方改革」を全社で推進していくことが重要です。
「個人のスキルアップ」に関しては、グローバルな視点で多様な能力を発揮することができる人財を育成・確保するため、会社としても皆さん一人ひとりのスキルアップを支援する仕組みをさらに充実させていきます。
また、「組織の生産性向上」に関しては、既存の制度・業務プロセスの見直しやAIやIoT、ロボティクスなどの最新技術を取り入れた業務変革に取り組んでいきます。
このような「働き方改革」を通して、「新たな価値を生み出す」という目標に向かって、従業員一人ひとりが日々、生き生きと仕事ができるようにしていくことで、これまで以上に「個人」と「組織」が調和し一体となって活躍できる職場に進化していくことを心から期待しています。

リフレッシュデー

当社は1992年に週に1度の定時退社の日を設けるノー残業デーの取り組みを開始しました。
2017年1月からは定時退社の対象を週3日、月・水・金に拡大した上で、定時退社日の名称を「リフレッシュデー」とし、各曜日に退社後の時間の使い方・過ごし方をイメージする名称を付けて、従業員の健康増進や能力向上の取り組みに繋げています。

  • 定時退社日「リフレッシュ・デー」
  • 月曜日:「スキルアップ・デー」
  • 水曜日:「ヘルスケア・デー」
  • 金曜日:「コミュニケーション・デー」

柔軟な勤務(場所・時間)を認める制度

  • ・モバイルワーク勤務・サテライトオフィス勤務を導入。
  • ・フレックスタイム制度の適用部門拡大、時間単位年休などを導入。
  • ・有給休暇を有効に活用する社員を奨励する制度として「バケー賞」を導入。

TOPICS

総務省の「テレワーク先駆者百選」に選定

健康経営

行動・意識改革

当社では、新任執行役員研修や新任管理職の昇進前研修において、女性活躍推進などダイバーシティの重要性と育児や介護の両立支援制度を学ぶ機会を設けています。

人財育成の取り組みに対する評価

当社では、業績目標と共に人財育成の取り組みを役員・管理職の達成目標・役割評価指標としています。

講演会の実施

管理職や従業員が自分事として「働き方改革」や「多様性の理解」「意識改革」に取り組み組織風土作りの一環として、さまざまなテーマの講演会を開催。2020年度からはオンラインでも実施しています。

働き方改革講演会
部下を育てるフィードバック講演会
『男性学』から見るダイバーシティ推進講演会
仕事と介護の両立のための職場風土作り講演会
アンコンシャスバイアス講演会(オンライン)

多様なキャリア

人事評価制度

当社では、従業員の役割や能力に関する年度評価と経営目標に連携した目標管理制度を通じて、継続的な人財育成と適切な報酬配分の実現に取り組んでいます。

多様なキャリアパス

当社では、毎年実施する自己申告制度を通じて、従業員の要望を異動や勤務地に反映する仕組みを設けているほか、一般職から総合職への転換制度や配偶者転勤による退職をなくすための休職制度を導入しています。また、非正規社員から正規社員、派遣社員から直雇用の転換も実施しています。

キャリア形成を考える取組

当社では、社員の多様なキャリア形成を支援するための人財育成会議を開催している他、公募型の海外現場研修、大学・大学院への進学や留学の支援、自己啓発のプログラムを設けています。

副業・兼業を可能とする制度

当社では、社外経験による従業員のスキルアップ促進や新たなネットワーク獲得によるイノベーションの創造、および多様な働き方による社内活性化を目的として、副業・兼業を可能とする制度を制定しています。

One on Oneの取組

個人の成果については、複数人で評価を行い、年齢や勤続年数にかかわらず、MBOを通じて能力開発につなげています。

女性管理職および候補者を増やす取組

当社では、若手から管理職手前の従業員に対しては、海外現場研修や社外研修(例:女性のためのエンパワーメント21世紀塾)への派遣、女性管理職には経営塾を実施。また女性管理職および候補の中途採用も積極的に行っています。
また、評価・昇進・登用において、育児休職などのライフイベントが影響しないよう、能力に応じた対応を行っています。

PAGE TOP

MENU

CLOSE